『自分を変える』最速で効果抜群な方法は見た目を変えること

このページに辿りついた男性諸君、サイト管理人のクロース大佐だ。

いままで生きてきた中で、心の底から『自分を変えたい』と思ったことはないだろうか?

私は洋服というツールを通して、自分を変えることができた男の一人。

そんな自分の経験をもとに、メンズファッションに興味を持ち始めた人、もうすでに興味がある人に向けて私の感じる事を書いていこうと思う。

あらかじめ伝えておくが、このサイトは滅茶苦茶オシャレになりたい人を対象にしているわけではない。

ファッショニスタになりたい人にとっては、正直物足りないと感じる部分も多いと思う。

でも、『オシャレ過ぎないおしゃれ』をしたい人にとっては、参考にしてもらえるものが必ず見つかるはずだ。

『オシャレ過ぎないおしゃれ』の意味合いが難しいところだが、私的には無難ともまた違った意味で用いている。

要は、このサイトで目指しているものは流行に左右されない定番服を組み合わせて、自分の軸を作ること。

自分の軸を作るために、まず自分に似合う服とはどんなものなのかを知ること。

その手助けをするための情報を届けることが私の役目、それが自分を変えるための第一歩になるからだ。

ACTIVISTA(アクティビスタ)とは

『自分を変える』

そのために一番成果が出やすいことに集中して取り組むことが大事だ。

成果が早ければ、その後の行動がスムーズになる。

アウトプットの結果が即分かるのがファッションの良いところ。

メンズファッションをとっかかりとして自分軸を作っていく。

まずは、あなたがアクティビスタに求めるものが、下記に存在するかを確認してほしい。

該当するものが無ければ、時間がもったいないのでそのまま離脱していただいて構わない。

何かしら引っかかるものがあるのであれば、そのまま読み進めていただければと思う。

・『自分を変える』方法を真剣に探しているのに見つからない流浪中のメンズ

・メンズファッションに興味があるけど、何から始めたら良いか分からない洋服初心者の男性

・女性からモテたくて、モテたくて焦り過ぎて空回りしているモテたいクン

・ワードローブの揃え方から、具体的なコーディネートの仕方までマスターしたい男性

・流行に左右されないクラシックな服装を目指しているメンズ

・結婚して子供もいるが、何とか少ない財源でもオシャレを楽しみたいと思ってる旦那様

・もう一度若い頃の体型に戻りたいとダイエット・筋トレを考えてるアラフォー男子

上記項目に当てはまる方は、この続きを読んでも決して無駄な時間を過ごすことにはならないという自負がある。

なぜなら私は17歳でメンズファッションに目覚めてから20年以上に渡り、様々なスタイルを取り入れてきた。

自分に似合う服を知るために、一千万円以上の金額を投資し、かつ回収できないほど数多くの失敗を経験してきている。

その失敗があるからこそ色々な学びがあり、今の自分のスタイル確立に繋がっているのだ。

このもがき苦しんだドン底状態の10代後半から、「洋服」との出逢いによって自分を変えることができた。

私の体験を伝えることで、自分を変えるキッカケ作りになればと思い、立ち上げたサイトがこの『ACTIVISTA(アクティビスタ)』になる。

このサイト名に込めた想いとしては、何でもGoogle様に聞けば答えが返って来る情報化社会の中でも、その情報をそのまま鵜呑みにせず自分の頭で考えられるようになること。

情報に左右されず、自分に似合うだろうと思われるお店を調べ、自分の足でお店に行き、自分の目で商品を感じ、自分の言葉で店員とコミュニケーションを取れるようになる。

その一通りの体験を通して、自分に自信が持てるようになる。その自信が積極的な行動につながり、ファッション以外の分野でも結果が出るようになる。

最終的に、そうなってほしいという想いが込められている。

そのメンズファッションにおける、一連の経験を通して色々なものを感じてほしい。それが積み重ねられ、自分の中で咀嚼され腹落ちし、自分の軸となっていく。

要所要所で、言ってる事がブレていたりすることもあるかもしれない。
でも、それだって人間らしくていいじゃない、とむしろ開き直ってる自分もいる。

アクティビスタは、その辺に数多ある適当に商品画像を拝借して紹介しているようなサイトとはひと味違う。

買って良かったもの、もらって嬉しかったもの等、実際に自分で使ったからこそ分かるものを題材に話を進めていく。

自分の手持ちアイテムを引き合いに出しながら、上辺だけでない本音をもって伝えていければと思う。

ACTIVISTA(アクティビスタ)で用意しているカテゴリーは全部で9つある。

色々と悩んだ末に辿り着いた項目なので、メンズファッションに必要なすべてを網羅できてると思ってる。

それぞれの項目の役割について説明をしておこう。

・「アクセサリー」

ベルトや時計、ネックレスやサングラスなど、まさにメンズのコーディネートのポイントになるものについて、おすすめや着用時の注意点などをまとめたもの。

アクセサリーのカテゴリーへ行く

・「トップス」

トップスとは言葉通り、上半身を構成するアウターやインナーを中心におすすめを紹介している。

具体的なアイテム名に落としていくと、ダウンジャケットやカーディガン、Tシャツなどになるかな。

トップスのカテゴリーに行く

・「ボトムス」

ボトムスとは下半身を構成するアイテム達。私はデニムマニアなところがあるので、基本的にデニムが話の中心になると予想される。

おすすめのブランドについてのレビュー記事が中心になるだろう。

ボトムスのカテゴリーに行く

・「シューズ」

靴ですね。ブーツやスニーカーからサンダルまで定番のものから、履いてみて良かったものの紹介がメイン。

手入れの方法や、合わせるパンツの選定に触れてるものもあるので参考になるものが多いと思うよ。

シューズのカテゴリーに行く

・「バッグ」

いくら格好良いコーディネートをしたとしても、だっさい鞄を持った男性は残念でならない。

小物類とともに重要なキーアイテムなのは変わらないので、参考になるものがあればと思う。

頻繁に買うアイテムでもないので、おすすめは厳選して紹介する予定だ。

バッグのカテゴリーに行く

・「メンズファッション/コーディネート」

いくら良いアイテムを単品で購入できたとしても、コーディネートとして統一感が出なければただの宝の持ち腐れ。

コーディネート方法が分かるようになれば、ちょっと安いアイテムを織り交ぜても良く見えちゃうんだな。

そのためには素材の選定や、サイズ感、色合わせ等、憶えることは少なくない。

メンズファッション/コーディネートのカテゴリーに行く

・「似合うスタイル探し」

私の洋服道が始まった、10代後半から今に至るまでの思考の過程が綴られている。

数々の失敗・散財を尽くして感じたことをメインに書いているので、共感していただける部分も多いだろうし、それが回避策にも繋がると思う。

似合うスタイル探しのカテゴリーに行く

・「買物/通販」

ある程度経験を積まないと、本当に自分が欲しいものは見つからない。経験があるからこそ、相場観も見付くわけで。

効果的な買物の仕方や、お店での立ち回り方法、通販でのサイズ選びなど、気になる人は参考にしてみてほしい。

買物/通販のカテゴリーに行く

・「ダイエット/ボディケア」

ファッションと身体は密接に関わっている。いくらおしゃれなものを身に着けようが、ある程度洋服の似合う体型は決まってくる。

30代に差し掛かる際に、20%を超えた体脂肪を10%以下にした経験を元に、試してみて有効だったものを紹介しよう。

ただ、最近は少しサボリ気味だけど・・・

ダイエット/ボディケアのカテゴリーに行く

どのカテゴリーも満遍なく更新できればと思っている。

この項の前にお伝えしているが、基本的に紹介するアイテムについては私が使用した上で良かったものがベースとなっている。

ここを外した瞬間に、このサイトの価値はゼロだ。

良かったものは素直におすすめするし、良くなかったものについては正直に良くないと言うつもり。

参考にどのような記事を載せているのかをいくつかまとめてみた。

購入してから16年が経過するロレックスサブマリーナについて、一生ものの時計と定義付けした理由をレビュー形式で載せている。

時計は『一生もの』なんて表現をされることが多いと思う。 特に高級腕時計になればなるほど、その意味合いが強くなる...

イメージとしてはこんな記事になるかな。

「メンズファッション/コーディネート」で上記の各項目にあるアイテムの組み合わせ方、効果的な取り入れ方についてを紹介。

ワードローブとは一言で自分の手持ち服のバリエーションを表す。 あなたのコーディネートを構成するすべての洋服のことだ。 ...

「似合うスタイル探し」で私が自分軸を形成するにいたる過程での経験や考え方について述べている。

ファッションセンスを磨くには何をすれば良いのだろう? この曖昧な問いに対する回答を出せと言われれば、日々自身の...

ここから先はまた本章に戻り、私が10代に何に悩み洋服と出会ったことで、どう変わっていったのかをお伝えしよう。

10代後半の悩み

服装を変えることは自分の周りの反応が変わるだけではなく、自分の内面にも大きな影響を与える。

上にも挙げたように基本的には自分を変えたいと思ったり、男だったら女にモテたいという理由からメンズファッションの世界に足を踏み入れる人がほとんどではないだろうか?

私が洋服に興味を持ったきっかけは、高校時代にまったく友達ができなかったから。小中学校時代に友人が多かった私にとっては高校生活は初めての挫折と言える出来事の連続だった。

友人もいなければ彼女もいない。

そんな何もない日常だから夢も希望もなく、ダラダラと一日が過ぎていくだけだった。

洋服に興味を持ったキッカケ

日々悩み続ける中、高校ももうすぐ卒業という段階で、あるドイツブランドの一足のブーツを知ることになる。そのブーツを見た瞬間、鈍器で頭をぶん殴られたような衝撃が走った。

めちゃくちゃ格好良かったわけだ。

それが原因で心に小さな灯がついた。

この衝撃が、一番最初の『自分を変える』ためのアクションにつながることになる。

インターネットなんてなかった1990年代半ば。

雑誌などの情報を頼りに、そのブーツが買えるお店を探し回る。結果、ブーツを販売しているお店を探し当て購入するにいたるわけだが、ここからが私の洋服道の始まりになるわけだ。

洋服への覚醒

『メンズファッションは足元から』

ではないけれど、たまたまブーツだけ良いものを買ってしまったわたし・・・それからというもの、ひたすらそのブーツに似合う洋服を探し、買いまくった。

バイト漬けの毎日ではあったが、何も目的の無かったときと比較して毎日が充実してきているのが自分でも分かる。

高校卒業も残すところ数ヶ月のところで何も目標がなかった私は、とりあえず勉強することからやり直すことに決めた。

勉強とバイト以外の時間は、ほとんどをメンズファッションの情報収集とお店探しの時間に使った。

雑誌で知識を吸収しては新しいお店探しを繰り返す。

この時期はとにかく洋服が買えればそれで良かった。

様々なブランドの洋服を着ることで、それぞれのサイズ感や素材感を肌感覚で身につけることができた。

こんなことを繰り返しているうちに、気が付けばどこのお店にいけば何のブランドが手に入るのか、その系統の洋服がいくらで手に入るのか、上位・下位ブランドの価格はいくらなのかが手に取るように分かるようになった。

ブランド別、アイテム別、素材別の違いによる相場観が頭の中でデータベース化、ポジションマップ化されたことが何よりも大きなことだった。

心の奥に眠っていた自分の情熱が覚醒してきているのが分かった。自分を変えることを意識するまでもなく、勝手に行動している自分が出来つつあった。

周りからの評価が変わった瞬間

毎日着てる服装を変えただけで、私に対する周りの評価がガラリと変わった。

ここには服装だけではなく髪型も含め、服装に合うイメージに変えたわけだが、明らかに話しかけられる事が多くなった。

外見の変化は周りからの影響だけではなく、自分の内面が変わっていくのも実感できた。

当時の私の服装は、古着からモードなテイストに180度変わっていった。周りは全員カジュアル一辺倒だったことで完全に浮いた存在になるかとも思ったが、意外に好意的に受け入れてもらえた。

10代後半という多感な時期に、今のようなインターネットがない状態でトレンドど真ん中を行くものを調達できることは、何よりも大きなアドバンテージだったのかもしれない。

原宿、青山、代官山と知ってる限りの情報を共有し、一緒に買い物するのに連れ出されることも多くなった。

その「頼られる経験」は、失墜した高校入学当初のトラウマを払拭するには十分で、回復した自信は円滑なコミュニケーションを生み、昔の自分を取り戻していった。

外見の変化が自分を変える一番の特効薬だということを実感する出来事だった。

自分軸の確立

様々な系統の服装をすることで自分に似合う服と似合わない服の理由が分かってきた。

それまではブランド知名度や価格が高いものこそ最高のモノ、という価値観が変わってきたのもこの時期か。

働くようになってからは少しキレイ目な服装をする事が多くなり、一時期はコンサバティブになり過ぎてしまうこともあった。

30歳を過ぎると転職の影響もあるが服装が自由になった分、少しカジュアルに寄った服装に切り替わっていく。

この時期には自分に似合う服というものは確立されており、トレンドに左右される事はなくなる。

40にもなると流行が一周してくるので『あれまた流行りだしたのか?』なんてのが分かるようになるのだ。

長年かけて熟成された洋服に対する知見と経験、それは自分に似合う服がはっきりと分かるようになること。

この『自分に似合う服』というのは、自分が思う理想と他者から見た時の理想とが一致した服装だと考えている。

要は、自分の第ニの皮膚のような、あなたを象徴する服装と言ってもいいかもしれない。

肉体改造

私は洋服というフィルターを通して自分の軸というものを確立していった。

『自分を変える』と決心している人には、まず毎日着ている洋服を変えることからスタートすることを強くおすすめする。

もう一つ、服装とともに重要なのが体型だ。私が考える自分に似合う服装というのは、やはりジャストサイズがベースにあって然るべきだと思っている。

ジャストサイズで着こなす場合、やはり太ったままの体型ではオシャレに決まるものではないし痩せ過ぎているのは逆に少し心許ない。

私は20代後半に肉体改造を行い、体脂肪を10%以下まで落とし込んだ経験がある。そして、この時期が今までの人生で一番洋服の似合う体型だった時期でもある。

今となっては体重は当時よりも10kg以上増え、体脂肪は20%を超えてしまった。

このサイトを通して昔の最高だった状態にまで戻そうと考えている。その肉体改造していく様子も随時更新していく予定だ。

まとめ

「たかだか着る服を変えたからって何も変わらねーよ・・・」

そんな言葉が聞こえてきそうだが、それは外見が人の心に与える影響をあなたが
知らないからにすぎない。

自分を変えると思ったときに、一番簡単で効果が高い方法は見た目を変えることだ。

『服装を変えること』

人は見た目が9割なんて言葉があるが、私個人の経験からすれば10割だと言い切れる。
それがこの23年間の経験から割り出された結論だ。

周りから見られる印象が変わるだけではなく、自分の内面へ与える影響の大きさにあなたは衝撃を受けるだろう。

あなたはこのサイトを通して、洋服の基本的な知識(ブランド、サイズ、コーディネート、
効果的なワードローブの構築法、メンテナンスの仕方)や洋服購入時に気をつけるべきポイント、お店での立ち回り方などを一通り身につけることが出来る。

このサイトで知識をインプットし、実際に店舗へ行って接客を受ける経験をすることがアウトプットになるわけだ。

自分に似合う洋服を知るためには、このインプットとアウトプットの繰り返し、自分の中で微修正しながら進んでいくしか方法がない。

ここまでの流れを経験したときに、自分の変化を体感することになる。

♦洋服がきっかけで内気だった自分が明るくなって社交的になる。

♦洋服がきっかけで社交的になり、話すことのできなかった彼女と普通に話せるようになる。

♦洋服がきっかけで彼女と普通に話せるだけではなく、今まで会ったことない女子から話しかけられるようになる。

♦洋服がきっかけで女性にモテるようになり、それが自信となって心に余裕ができるようになる。

♦洋服がきっかけで自分に自信が持てるようになり、心の余裕は異性だけではなく新しい友人との出会いを呼ぶ。

♦洋服がきっかけで服装だけではなく、筋肉の重要性を知りダイエットを本気で考えるようになる。

♦洋服がきっかけで今まで続かなかったダイエットで結果が出て、理想的な身体を手に入れることができる。

♦洋服がきっかけで理想的な身体になり、さらにおしゃれに磨きがかかる。

♦さらに磨きがかかったところで外見的な魅力だけではなく内面的な変化にも気付くようになる。

わずかなきっかけで興味を持った「洋服」の世界を通して、今までの自分と決別し自分が変わっていくことを実感するだろう。

ある日を境に、負のスパイラルから抜け出しプラスのベクトルに。

『自分を変えたい』と強く望む人には「洋服」というフィルターを通して、かつて私が体験したような世界を知ってもらいたい。

ACTIVISTA(アクティビスタ)は、あなたが変わるきっかけになるような、有益な情報を提供していくことを約束しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする