買い物/通販一覧

メンズが買い物する時に悩むポイントって何だろう?

おしゃれなお店を知りたい。でも自分はおしゃれじゃないから着ていく服もない。

店内でどうやって対処すればいいのか分からない。試着したいけどおしゃれな店員さんに声を掛けることができない。

このようなメンズの心境は分かる部分もある。買い物するのも実際に行動すると色々なハードルを感じる部分が見つかるもんだ。

そんなメンズが買い物する時に直面するであろう悩みや疑問などを解消していこうと思う。

●メンズが買い物する時のに思うこと
ここ最近はインターネット通販で服を買うということが当たり前になってきた。そのため、店舗へ行かずとも欲しいものを手にすることが出来る。

じゃーなんで手間かけて店舗に行って買う必要があるのか?そんな疑問も含め話を進めていこう。

▼おしゃれなお店に行けない
正確にはおしゃれなお店は知っているが行ったことがない、もしくは躊躇しているというのが正解かもしれない。

そもそもお店に行くための服がないなんて話も聞く。服を買いに行く服がないというのも言葉遊びのように聞こえるが、切実な問題なのだ。

自分も一番初めに渋谷のセレクトショップへ行ったときは、おんなじ心境だった。でも、わざわざ新しく洋服を新調することなどしなかった。

欲しい服に掛けるお金を無駄にしたくなかったというのが大きな理由だけど、後々になって思うこともある。

誰もあなたのことなんてまったく気にしてない

ということ。

ここは自分を縛る変なプライドをかなぐり捨て、突入するしか解決の道は無いのだ。

▼ネットで買える
店舗まで行かなくても欲しい服はネットで買えばいいじゃん。

これも一理ある、郊外に住んでいる方などは頻繁におしゃれなお店まで行けないだろうし、手元のスマホを操作すればあっという間に欲しい服が購入できる。

インターネットで購入できるメリットを否定するつもりはまったくない。

ただ、それでも初めは店舗に行って購入することを強く勧める。なぜなら、一番大事なサイズ感やコーディネートを確認する場所として店舗は無くてはならない場所だから。

両方の良いところを使い分けることが一番重要なのだ。

▼コミュニケーションスキル
自分が欲しい情報は以前に比べ格段に取りやすい環境になった。手元のスマホに必要なキーワードを入力すれば答えが返ってくる。

鬱陶しいコミュニケーションをしなくて良い反面、受け取るだけの受動的な情報にはあまり価値がないことも理解しておくべき。

最終的に、今まで関わったことのない人とのコミュニケーションこそ自分を成長させる大きな要因だと思っている。

これは仕事でも、プライベートでも同様で人間の普遍的な部分なんだ。

ここに気付くと色々な視点でものを見られるようになっていく。

私なんかは、「あの店員さんかわいいなー」なんて鼻の下を伸ばしてしまうことが多かった。単純なすけべ心なだけでなく、良い店員さんからは有益な情報をいただけた。

良い店員さんを見つけられなくたって、ダメな店員から学ぶことも多かった。
実際に自分の目で見た商品を、試着してサイズを把握し、コミュニケーション取って購入する。

ここまでで色々と店員との会話を楽しんで欲しい。このコミュニケーションを含めてメンズの買い物は完結するというのが私の持論だ。

●まとめ
メンズが買い物する際にハードルに感じる部分と、私が思う持論についてお伝えした。

まずは勇気をもってオシャレなお店へ買い物に行ってみよう。そこからおしゃれメンズへなるための「おしゃれ道」が始まるから。

ユナイテッドトウキョウの日本製テーラードジャケットを評価

ユナイテッドトウキョウが人気だ。株式会社TOKYO BASEが展開するコンテンポラリーブランドを指し、アパレル不況の中で頭一つ抜けた存在になっている。その強みは何かと言えば、品質と価格のバランスの良さだと思っている。今回はユナイテッドトウキョウのテーラードジャケットを元に話をさせていただく。

ブランド物を安く買う|古着を取り入れることが最も賢い方法

ブランド品を安く買うためには、古着を効果的に取り入れることが最も賢い方法だと思う。こだわりの強い人にとっては、少ない資金で自分の好きなアイテムが購入できるのが最大のメリット。とはいえ、人が使ったものに抵抗がある人がいるのも事実。ブランド物を安く買うための方法を考えてみる。

マネキン買いはダサいのか?メリット・デメリットを考察する

マネキン買いはダサいのか?ショップスタッフが知恵を絞り、渾身のコーディネートを展示する。お店の命運を左右する着こなしの提案なわけだから、ダサいはずがない。その思考をそのままパクる行為に底浅さを感じるだけ。マネキン買いがダサいのか、メリット・デメリットを考えてみた。

服を買いすぎる心理について|満たされない欲求は何が原因?

服を買いすぎる心理って何が原因なんだろう?一見女性だけの問題のように捉えられるが、メンズも同様に洋服依存になってしまう人を良く見かける。何を隠そう私も同じ悩みを抱えていた男なので、気持ちは痛いほど分かる。服を買いすぎる心理の奥底にある原因について考えてみた。

ファッションマスターはセールで買わず?ゴミの中に宝はない

ファッションにセールは付きもの。ただし、労力の割にめぼしい成果が得られにくいのも事実。そもそも売れ残りのゴミの山から、宝探しをするようなものだ。そこに賭ける時間を考えたらプロパーで購入する方がよっぽど賢い。とはいえファッションとセールは切り離せない。上手に活用できないか考えてみた。

ブランド物に似てるデザイン|ぶっちゃけ違いはあるのか?

ブランドに似てるデザインのものは星の数ほど存在する。そこには何か明確な違いがあるんだろうか?そんな疑問を持つ人も多いでしょうね。見た目で判断できないんだったら、それっぽければ良いという問題でもない。ブランドものと似てる服、どこに価値を見出すのか?

ファストファッションのメンズ服|絶対に着ないと決めた理由

ファストファッションのメンズ服が売れているらしい。なんでこんなにも人気があるんだろうか?当然安く買えることは、大きなメリットになるのは分かる。『〇〇〇円以内でコーデ○選』みたいな記事も人気だ。でも、私は絶対取り入れない。ファストファッションのメンズ服を着ない理由を考えてみた。

アパレルの原価率はエグい!本当に買う価値があるか見極める

アパレルの原価率ってどれくらいだと思う?服好きだったら気になるのは、自分のお気に入りが、いくらで製造されたものなのかということ。実態を知った後に『ブランド品だからしょうがないね』と思える人がどれだけいるか?アパレルの原価率を調べて私が感じた事を記していく。

洋服は日本製と中国製で違いがあるの?大事なことは別にある

洋服は日本製と中国製で品質は違う。ことクオリティの問題にはこの製造国の話が必ず取り上げられる。ひと昔前であれば、議論する余地もないほどレベルの違いが顕著だった。だが、状況はここ数年で大きく変わってきている。洋服は日本製と中国製で品質が大きく変わるものなのかを考えてみた。