メンズがアクセサリーを付ける?イヤらしくならないコーデ法

 

メンズがアクセサリーを付けることに違和感を感じるのは私だけだろうか?

 

私が若かった20代前半頃も、クロームハーツを代表とするシルバーアクセサリー人気があったので、メンズアクセサリー自体を否定するつもりはない。

 

シルバーリングやシルバーバングルにウォレットチェーンなんかも、付けてた頃はあったわけだし。

ただ、メンズがアクセサリーを付けることに、妙なイヤらしさみたいなものを感じてしまうのは女性の方が強いと思う。

 

その辺を鑑みてメンズが付けても自然なアクセサリー、ギリギリな着用ラインを定義していこうと思う。

 

メンズアクセサリーでギリギリで着用が許されるもの

 

そもそも論になってしまうが、女性はメンズアクセサリーをしている男性自体が気持ち悪いという意見を持つ人が多い。

この辺は私も「そうだよな~」なんて思う部分でもある。

 

格好つけるために買ったのに、間違ったアイテムを身に着けることで大火傷してしまう可能性をはらんでいるのだ。

 

「女性目線なんて一切気にしない」という勇者であれば己を貫けば良いだけだが、全員が全員そうとも限らないだろう。

 

むしろ、女性を意識しているが故にメンズはアクセサリーを身に付ける。

自分に酔いしれるナルシスト的な部分と、相手によく思われたいというモテたい気持ちが半々なのかな。

 

そんなことを考えながら、様々な視点で代表的なメンズアクセサリーを紹介する。

身に付ける場合のメリット・デメリットをお伝えするので、リスクを踏まえ取り入れるか判断の参考にしてほしい。

 

サングラス

これは際どいアイテムとなってしまったが、メンズアクセサリーと想定してみると必ず入るものにはなる。

女子受けが微妙なものの中に、項目としてサングラスを入れている。

 

メンズアクセサリーの代表格であるサングラスは、その人のキャラクターや似合う顔立ちかによるところが大きい。

 

日中の太陽の光が燦々と降り注ぐ環境下で身に着けるのであれば、特に問題なるようなものでもない。

勘違いアイテムの一つであることは間違いないが、着用する時間帯を気を付けること。

 

トレンドを意識するよりも、顔のフォルムに合ったものに限定すること。

メンズアクセサリーとして、取り上げておかなければいけないアイテムの最右翼の商品なので紹介した。

 

バングル(ブレスレット)

個人的に許せるメンズアクセサリーというのは非常に限られている。

その中でもあまりイヤらしさを感じさせないものとしては、バングルの存在が大きいかな。

 

ゴツイ太めのものではなく、デザインはシンプルで細目のものであればギリギリOK。

レザータイプは2通りあって、太めのブレスレットと細くて華奢なヒモタイプのものと分けられる。

 

大人が身に着けるアクセサリーという条件下でチョイスするとすれば、ブレスレットは細目のシンプルなものを一点だけ着けるのが良い。

あまりにゴテゴテしたものを身に着けるのは、印象的にあまりオススメできない。片手に一つが限界だと思う。

 

リング

既婚者であれば結婚指輪一つあれば、それで十分だが未婚男性であれば何かシンプルなものを一つ付けるかつけないか。

私はリングは着けない。20代の頃はシルバーアクセサリーが一大ブームだったので、リングを着けている時期はあったが、期間としては短かった。

 

それ以降でリングを手にすることは一度もない。

 

余程のこだわりが無いのであれば、リングは止めておくのが無難だと思う。

理由はやはり、リングにこだわりのある男性を女性が良しと思わないと思うから。

 

どうしてもリングを取り入れたいのであれば、シンプルな細目のものを一つ。それが限界とだけ伝えておこう。

何度も同じことを伝えて申し訳ないが、デザインは極力シンプルなものに抑えておくのが好ましい。

 

リングは身につけているだけで相手に色々と想像をさせてしまう特性がある。

最低限に留めておこう。

 

時計

メンズアクセサリーで一番ポイントになるのは時計だ。

時計にお金を投下する方が、ほかのアクセサリーにお金をかけるよりも何倍も賢い。

 

良いものを1個買っておけば、所有感は相当に満たされるし、ものによってはゆくゆく資産価値として高まるものもある。

 

おっさん臭いことを言わせてもらえば、あまりゴテゴテとアクセサリーを付けるのが好きではないため、どうしてもシンプルにまとめるような話をしてしまう。

 

大人の男が両手に色々なアクセサリーを身に着けてる画が想像できない。だから、メンズアクセサリーはシンプルに時計だけで良いと思うのだ。

 

大人の男が身に付けるべきアクセサリーは腕時計だけで十分。これが私の持論だ。

 

まとめ

メンズアクセサリーの代表的なアイテムと、着用する時に気を付けなければいけないポイントをまとめてみた。

個人的にメンズがしてもOKなアクセサリーというのは腕時計だけだ。

 

この腕時計以上に必要なものはなく、他のものが主張しだすとコーディネート自体がうるさくなってバランスがおかしくなる。

気に入ったものをできるだけ長い期間着用し続けることによって、あなたの身体の一部となるだろう。

 

メンズアクセサリーは、効果がそれほど高くない割に受けるダメージは計り知れず大きいという、メンズコーデの中でもとりわけ難しい部類のもの。

本人のキャラクターや雰囲気に依存する部分も大きいため、よくよく考えてから選ぶことをおすすめする。

アクセサリー

傘のブランド【メンズ編】贈り物にも使える大人向け3選!

傘のブランドについて、大人のメンズにピッタリなものを紹介しよう。服にお金を使うのも良いのだが、小物に目を向けることで、簡単に他者と差別化できる。おしゃれに気を配る人は、是非こだわってもらいたいところ。傘のブランドでおすすめを◯つ紹介させていただこう。
アクセサリー

長財布と二つ折りはどっちが大人?用途に分けて使うが正解

長財布と二つ折りでどっちが大人のメンズに相応しいか。難しい問題のひとつだと思われるが、自分の使うシーンを考慮してチョイスするのが間違いない選び方。まずは、双方のメリット・デメリットを正確に理解すること。長財布と二つ折り、どっちがオトナ男子に似合うのかを考えてみた。
アクセサリー

メンズ下着は実用性とコスパが大事!結局はユニクロがベスト

下着にメンズはどこまでこだわるか?結婚前はカルバンクラインやラルフローレン、ディーゼルあたりを履いていた。ただ平均単価は3,000~4,000円とコスパが悪い。3枚990円のユニクロとの違いは本当にあるのか?メンズ下着でベストなものを考えてみた。
アクセサリー

GショックのおすすめはDW-5600BB|秒殺のデザイン

GショックのおすすめはDW-5600BBの一択だ。大人メンズが着けても違和感ないマットブラックは、コーディネートを邪魔することもない。価格も1万円以下だったこともあり即決した。今回はGショックのおすすめ『DW-5600BB』をレビューしよう。
アクセサリー

ベルトサイズの選び方|タイプ別に着用ポイントを整理する

ベルトサイズの選び方は意外に難しいと感じる。通販購入時、ものによっては靴以上に難しいアイテムだ。長さが分かればそれで済む話ではなく、幅と太さによって着用感が全く変わるからね。ベルトサイズの選び方をマスターして、自分にぴったりなものを選べるようになろう。
アクセサリー

ショートパンツのベルトはどれが良い?おすすめの厳選6つ!

ショートパンツに合うベルトはどんなものか?迷う人が多いはずだ。そもそも、前提としてするものなの?というそもそも論から、シンプルにまとめたいから必要ないという不要論まで、考え方は様々。ショートパンツのベルトにピッタリなおすすめのものを6つ紹介しよう。
アクセサリー

経年変化が財布に与える影響|エイジングこそが最大の醍醐味

経年変化が財布に与える影響は大きい。私はここ15年の間に3回変えている。それぞれのタイプによって、エイジング効果が発揮されたものと、そうでないもので分かれる結果となった。経年変化が財布に与える影響を私物3点を比較してお伝えすることにする。
アクセサリー

ハンディスチーマーが人気?急ぎのシャツしわ伸ばしに最適!

ハンディスチーマーが人気な理由がよく分かる。だってこんなに簡単にシャツのしわが伸ばせるものは、他にない。急ぎのときに限って着ていきたい服がしわくちゃ、別のものを探すのもひと苦労。ハンディスチーマーが人気なのは、そんな時間がない朝でもささっと使えるから。その中でもおすすめを紹介する。
アクセサリー

時計で一生ものと言えばロレックス?15年経過サブマリーナ

時計で一生ものと言えばロレックスを挙げる人が多いと思う。それだけブランドの歴史が紡ぎ出す価値というのは、普遍だと言える。私が26歳の時に買ったサブマリーナデイトは、来年の4月9日で15年が経過する。一生ものの時計と呼べる状態を維持しているのか?その辺をレビューしていこう。
アクセサリー

ベルトでおしゃれなものを探している人はHTCがおすすめ!

ベルトでおしゃれなものを探している人におすすめできるのがHTC。カジュアルな服装にピッタリだし、格好良いだけではなく耐久性もハンパない。私が10年以上使っているものは今だに現役、コーデのワンポイントに必須のアイテム。ベルトでおしゃれなものを求める人に自信をもって紹介しよう。