ボトムス一覧

メンズはパンツが命だと思ってる。

 

パンツって下着?

 

パンツ違いを起こすと嫌なので、ここで説明をしておく。

 
私のように40代に入った人であれば理解していただけると思うが、昔は『ズボン』と呼んでいたものだ。
 

アパレルは呼び方が変わってくることが多いので、今現在パンツとはボトムスを構成する
ズボンを代用した言葉と考えてもらえればOK。

 
ボトムスは下半身を構成するもの、反対にトップスは上半身を構成するものと両者を対比して考えるとスッキリするかもしれないね。
 

パンツにこだわりがあるのは、私がスタイルが悪いことが原因の一つであるが、コーデを第3者目線で見た時に上半身よりも下半身の方が目に付いてしまう。
 

「足元から頭の上まで舐めるように見られた」
 

私の知人の女性も例えたように、目線は下から上に上がっていくケースが多いため、下半身は想像以上に目に付くポイントなのだ。

そんなコーデの最重要ポイントになるパンツについて、定番のものを紹介していこう。

 

●定番のメンズパンツ種類

スタンダードなパンツの種類はおおまか決まっている。ここに挙げたものを押さえておけば間違いない。

 

▼デニム
 

キングオブファッションアイテムと言っても過言ではないほど、知名度・人気ともに一番ではないだろうか。

リーバイスがあまりにも有名だが、1990年代のヴィンテージブームを経て、近年様々なブランドから人気のモデルが投下されている。

メンズファッションを語る上で、デニムに代わるものを見つける方が難しい。
 

なぜなら、合わせるアイテムを考える必要がないから。どんなアイテムだろうと普遍にコーディネートとして成立してしまう。
 

ジーンズは永遠の男の憧れなんだろう。

 

▼チノパンツ
 

高密度なコットンで織られた非常に丈夫なワークウェア。ベージュやネイビーが主力色となり、今の時代キレイ目な着こなしには必須のものとなっている。
 

合わせるアイテムとしてはボーダーTシャツや、シャツ、ポロシャツなんかが個人的には好きな組み合わせ。
 

ワークウェアが発祥の割りには、パンツの中でもクリーンな印象が強いと思う。

 
ビジネスカジュアルを構成するアイテムとしても、普段のカジュアルシーンを彩るパンツとしてもデニム同様に外せない主力パーツなのだ。

 

▼カーゴパンツ
 

カーキやベージュ、迷彩柄のミリタリーをベースとしたパンツを指す。
 

両サイドの膝上にフラップ付きポケットを有し、バックポケットにも同様のポケットが配置されているものが多い。
 

近年ではキレイ目なコーディネートの外しとして、カーゴパンツが重宝されており、この傾向はまだまだ続くと見られている。
 

大人のメンズがコーディネートする際に合わせるカラーとして、カーキの人気が高まっていることもカーゴパンツの需要が一定以上あることを物語っている。

 

▼レザーパンツ
 

革パンなんて表現されていたが、最近履いてる人が増えたような気がしてならない。私が学生の頃にアニエスのレザーパンツがお気に入りだったが、レザージャケットと共にブームが来てもおかしくないね。

ハードな見た目になってしまうが、それ自体が差別化になるし何よりも冬は温かいから最高。

 
価格が高いことだけがネックか?

 
履き心地で選ぶとすれば、羊革になるが耐久性に問題がある。レザーはどうしても伸びてしまうので、型崩れは避けられないしケア自体が手間になる。

そう考えると結構難易度は高いパンツに入るね

 

▼スラックス
 

私は似合わないのであまり履かないパンツにはなるが、一般的にはビジネスシーンで用いられることが多いパンツ。

働くようになれば、セットアップやスーツを着る機会が増えるのでより身近に感じるでしょ。
 

コーディネートのハズしアイテムとして、カジュアルシーンにも取り入れられるようになってきた。

スニーカーと合わせて外しのテクニックとしてのポイント使いから、ローファーやスリッポンに合わせてシンプルにキメるのもあり。
 

キレイ目なコーデを構成する最も代表的なメンズパンツがスラックスなのだ。

 

▼スウェットパンツ
 

デニムを凌駕する勢いでアメリカで市場を伸ばしているスウェットパンツ。

今ではジャケットにスウェットパンツなんて装いもあるくらい、コーデアイテムとしても浸透しつつある。

昔では考えられなかったコーデだけに、未開拓な市場を猛烈な勢いで開拓するパンツ界の革命児的な存在。
 

その着心地の良さは、誰もが認めるところゆえ他のジャンルへ侵食していってるところ。

デニムをスウェット生地で再現したものも増えており、『スウェットパンツ』と一括りにすること自体、意味が無いのかもしれないね。

 

▼コーデュロイパンツ
 

冬のパンツを代表するアイテムとして、コーデュロイの存在は不可欠だ。コールテンというおばあちゃんが放った一言が懐かしい。

ウネウネに代表される手触りの良さは、一度身に着けると虜になるところ。今では冬だけではなく、サマーコーデュロイとして夏場にも活躍の場所を広げた。

生地の厚みが違うのと、カラーが夏らしいペールトーンのものなどが多い。

シーズンレスで履けるパンツは本当に重宝する。

是非取り入れてみてほしい。

 

●まとめ

 
メンズパンツの代表的なアイテムについて、大きくいくつかに種類分けさせていただいた。

メンズパンツの構成は、取り上げた7種類に素材数とシルエットをかけ合わせたものがパンツのトータル数。

ワイドパンツが抜けてるなんて言ってくる人がいるかもしれないが、その辺はシルエット違いということであしからず。

パンツの悩みは私も深海のように深かったので、特にページを割いて細かく解説をしていくつもりだ。

リーバイス501スキニーは邪道?王道デニムブランドを評価

リーバイス501のスキニーが去年発売された。私世代でLevi'sと言えばジーンズの王道ブランドであり、選択肢として外すことが許されなかった。あれから20年以上の月日が経ち、世には様々なデニムが混在している。リーバイス501のスキニーについて、原点回帰の意味も込めて、買ってみたので評価してみた。

ジーンズブランド【メンズ編】大人におすすめな神モデル4選

ジーンズブランドは星の数ほどあれど、本当の意味で大人のメンズに似合うモデルは限られる。体型カバーに優れているもの、ちょっとしたこだわりが垣間見えるもの、ジャケットに合わせられるもの、この3点は重要なポイントだ。男性に向けてジーンズブランドのおすすめの中でも、神モデルを紹介する。

NO IMAGE

【メンズ】夏のパンツ選び!おしゃれに見せる着こなしを提案

夏のパンツ選びはメンズにとって一番頭を悩ませる部分だ。必然的にトップスはTシャツ、ポロシャツなどの軽装になる分、ボトムスで差を付けることになる。冬のコーディネートよりも重要視されるわけだ。夏のパンツがメンズの命運を左右する。おしゃれに見せるアイテムを提案しよう。

デニムのおすすめ【メンズ編】ヤヌークならデブでも履ける!

デニムのおすすめ【メンズ編】としていくつか見繕ってみようと思った。いつもであればKUROを一押しとして案内するところだが、別の視点から紹介しようと思った。脚は細いのにお腹が出ている男性が履いても似合うジーンズ。デニムのおすすめメンズをその視点でみるとヤヌークのミシェル一択だろう。

デニムを育てる|ダルチザンSD-107が最有力候補か?

デニムを育てる。今まで何十本とあらゆるブランドのジーンズを購入してきた。10代から20代にかけては、レプリカものやヴィンテージを愛用。プレミアムデニムも複数買ったが、ここにきて1本欲しいものが見つかった。デニムを育てることを考慮した時にダルチザンSD-107が最有力か?

ショートパンツをパジャマ代わり|ユニクロレディースが最高

ショートパンツをパジャマ代わりとして使うメンズが多いはずだ。真夏のクソ暑い季節に、フルレングスのパンツなんて履ける奴は男では少ないはず。そんなときに目をつけたのがレディースサイズのユニクロ。ショートパンツをパジャマ代わりに使う利用する際の選び方をお伝えする。

KUROジーンズが最強な理由|大人はグラファイトで決まり

KUROジーンズが最強だと思ってる。過去に購入した中で、これほどデニムのすべての要素で完璧なアイテムは存在しない。スタイリッシュに履きこなしたい大人のメンズにピッタリの一本だ。KUROジーンズ最強説を裏付けるべく、手元にあるグラファイトを元に話をさせていただこう。

インコテックスのチノは本当におすすめ?ユニクロと比較する

インコテックスのチノは、『神パンツ』と呼ばれて久しい大人向けの高級ボトムだ。イタリアらしいタイトなシルエットと細部の細かい配慮が人気の理由だと思うが、素人から見たら価格差を埋めるほどでもない。インコテックスのチノをユニクロと比較して、履き心地をお伝えする。