2018年03月一覧

GショックのおすすめはDW-5600BB|秒殺のデザイン

GショックのおすすめはDW-5600BBの一択だ。大人メンズが着けても違和感ないマットブラックは、コーディネートを邪魔することもない。価格も1万円以下だったこともあり即決した。今回はGショックのおすすめ『DW-5600BB』をレビューしよう。

服をレンタルするメンズ|リープのジャケパンプランを体験!

服をレンタルするメンズが増えている。以前に紹介したleeap(リープ)は、ファッション初心者に適したサービスだと思った。何がおしゃれなのかも分からない状態にある時、いきなりお店に行くのはハードルが高い。服をレンタルすればメンズに有効なのか、身をもって体験したので詳細をお伝えしよう。

グレゴリーのリュック。ビジネス・カジュアル使えるものは?

グレゴリーのリュック『カバートミッションデイ』を買った。理由は、普段使いしていたナイキのSBが壊れてしまったから。NIKEとは違い、今回は相当吟味する時間があったのでほぼ理想通りのものが手に入った。グレゴリーのリュックで、オンオフ兼用のものを探している人におすすめしたい。

インコテックスのチノは本当におすすめ?ユニクロと比較する

インコテックスのチノは、『神パンツ』と呼ばれて久しい大人向けの高級ボトムだ。イタリアらしいタイトなシルエットと細部の細かい配慮が人気の理由だと思うが、素人から見たら価格差を埋めるほどでもない。インコテックスのチノをユニクロと比較して、履き心地をお伝えする。

ユナイテッドトウキョウの日本製テーラードジャケットを評価

ユナイテッドトウキョウが人気だ。株式会社TOKYO BASEが展開するコンテンポラリーブランドを指し、アパレル不況の中で頭一つ抜けた存在になっている。その強みは何かと言えば、品質と価格のバランスの良さだと思っている。今回はユナイテッドトウキョウのテーラードジャケットを元に話をさせていただく。

ヴィンテージスウェットを完璧に再現!レミレリーフが最有力

ヴィンテージスウェットを完璧に再現してくれたブランドがレミレリーフ。その完成度の高さは、本物のクオリティとほぼ同等と言える。生粋のアメカジ好きにおすすめというよりは、雰囲気を感じたい人に向けて。ヴィンテージスウェットの魅力を中心に、レビューを兼ねて紹介する。

デニムジャケットの着こなし、メンズは3rdの黒が映える!

デニムジャケットの着こなしについて、大人のメンズが着こなすには3rd(サード)のブラックが一番だと思う。もしくはリジットでそのまま着るのも気分なんだが、どうしても色落ちを気にしてしまうため除外してしまう。デニムジャケットの着こなしにおいて、メンズは3rdが一番という理由をお伝えしよう。