似合うスタイル探し一覧

メンズファッションが、自分のスタイルを確立するのに影響を及ぼす値として90%以上を占める。

これは私の持論であり、20年以上に渡るメンズファッション経験を踏まえた結果でもある。

「人は見た目が9割」なんて言葉があるように、外見で判断される確立は非常に高い。

少しでもファーストインプレッションを高めるために、メンズファッションの力を利用するわけだ。

まずは自分に似合うスタイルを探し出し、基礎工事を済ませる必要がある。

抽象的な表現も出てくるかもしれないが、自分の軸を作るということはそう簡単なことではないのだ。

自分のスタイルを確立するためにも、似合うスタイル探しについて話をしよう。

●メンズファッションを自分のものにする

まずは自分がなりたいイメージを明確にすることから始める。

このイメージが明確になっていればなっているほど具現化するのが早くなる。

人間は本気になって取り組んでいる時、周りが見えないほど没頭しているときなど、脳が勝手に欲しい情報を引き寄せている。

これは完全に私の経験上の話になるので申し訳ないが、〇〇の車がほしい、〇〇のダウンがほしい、〇〇の彼女が・・・

なんてやってる時に、不思議とそのもの自体が目の前に表れる。なんて経験した人も多いんじゃないかな。

これは普段から目にしている光景なのに、自分のアンテナが立っていないから視界に入らないだけなのだ。

これが意識を向けたときにアンテナが立ち、目的のものを追尾する。まずはアンテナを立てる対象を見つけることから始めよう。

これが分からない段階では何も先へは進まない。自分スタイル確立のためには、まずはそのなりたい対象を決めることが重要なんだ。

●自分へフィルターをかけない

メンズファッションの中でも、本当はこういう系統の服を着たいけどもう若くないし・・・

自分は背が低いからファッションに興味を持つだけ無駄・・・

こんなブサイクな自分じゃメンズファッションを勉強するだけ無駄、彼女なんてできるわけない・・・

こんなネガティブな想いに支配されてしまうのは良く理解できる。

でも、一刻も早くこの状態を抜けなければいけない。

同じ場所に留まり続けていると、より固定概念が強固になり、抜け出そうにも抜け出せなくなる。

失敗をする前提で着たい服を着る、まずはじめにやることはここ。

誰だって初めからオシャレさんな奴なんて稀なのだ。

幾度の失敗を重ねることで、自分に似合うものと似合わないものの判別ができるようになる。

少しでも経験値を増やさないと、何も変わらない。

これはメンズファッションだけではなく、どの分野でも同じことが言えるはずだ。

何よりも自分で経験すること。

情報ばかり集めてもオシャレにはならない。

メンズファッションに明るい奴等は、経験したことを自分のスタイルに取り込むことが非常に上手い。

まずは自分にフィルターをかけず、フラットな心持ちでトライする気持ちを持つことが重要だ。

まず私のようにお店に行って試着できれば話は早いのだが、それも結構なハードルと感じてしまうのも理解できる。

服のレンタルサービスなんかも最近は人気が高いので、それを利用するのも悪くないと思う。

はじめの2ヶ月くらいで自分に合いそうなものをレンタルする。

その服でまず店舗へ行ってみるのがおしゃれになる早道、自分スタイルの確立へ向け一歩でも前進することに集中しよう。

●真似をする

イメージが明確になり、なにがしか自分の着たい服の系統が見え始めてきたら真似する対象を見つけよう。

イメージする人が決まっているのであれば、その人になりきる。

服装だけでなく言動や行動も真似てみると効果が出るのが早い。

自分軸を作る過程で、オリジナルで何か生まれることはほとんど無い。余程の天才でも無い限り、独創的なものなどそう生まれるものでは無いのだ。

真似ることから始める、しかも徹底的に。

メンズファッションのレベルを上げるためには、真似から入るのが効果的な方法論の一つなのだ。

真似から入ったとしても、段々と自分の好みというのが分かってくる。

似合うものと似合わないモノの選別ができてくるわけだ。

そもそも、憧れから真似たとしても体型や雰囲気などがまったく同じでない限り自分にマッチするかは分からない。

こればかりは、理想と現実の差というものが確実に存在する。

まずは、その差を理解することが重要。

ここが分かって初めてスタートラインに立てるわけだ。

●まとめ

メンズファッションを通して自分の軸を作る方法について考えてみた。

・なりたいイメージを明確にする作業

・自信が無くても自分にダメなフィルターをかけない

・経験値を積むためにトライアンドエラーを繰り返す作業

・おしゃれな人のメンズファッションテクを盗むため、徹底的に真似る作業

要はどれだけ試行錯誤の連続を繰り返したかで、結果はまったく変わってくる。

考える回数×経験の数=自分のスタイル確立

この方程式の精度を高められるか否かは、あなたの情熱に掛かっている。

メンズファッションを極める道は始まったばかり。日々の継続がいちばん大事なのだ。

とにかく一歩でも前へ前進することだけを考えよう。

恥をかくことを恐れてはいけない。その学びからしかおしゃれになれる手段なんてないのだから。

服の失敗|メンズが買い物するときにありがちなパターン9選

服の失敗は数知れず、かれこれ20数年も買い続ければ間違いもそれなりに多くなる。感覚値で言えば、4割は買わなくても良かったんじゃないかな。とはいえ、経験値を積まないと分からないことも多く、誰もが通る道なのは間違いない。服の失敗について私の経験を元に話をさせてもらう。

短足のファッション|メンズコーデの最重要ポイントを解説!

短足だからファッションが成立しない。メンズの6割の悩みは、ここに集約されるのではないだろうか?私も同じ苦悩を抱えるものとして、この20数年もがき苦しんだ。かれこれ300本以上のパンツを買っては捨てての繰り返し。短足でもファッションとして成立するメンズコーデの重要ポイントを解説する。

デニム離れが深刻|好んではいてるのは親父世代だけなのか?

デニム離れが深刻らしい。事の発端は、NIKEやadidasのようなスポーツブランドの台頭と、インターネットが主流となった現代のモノの買われ方等、ファッションを取り巻く環境の変化によるところが大きい。デニム離れが加速して、オヤジ世代しか穿かない化石アイテムと化してしまうのか?

顔が大きい男はモテないのか?自分の思い込みを解除する方法

顔が大きい男はモテない。高校時代に私の友人でも同様の悩みを抱えてる奴はいた。何を隠そう、私も長年このことで苦しんだ経験を持つがため、痛いほどあなたの気持ちが分かる。でも、女に苦労したのは18歳になるまでだ。顔が大きい男が持つコンプレックスが、ただの思い込みである可能性がないか考えてみた。

服の買い方が分からない。自分の価値観を大きく変える第一歩

服の買い方について悩みを持つメンズは多い。特に大学生以降でこの傾向はより顕著に見られる。それまではごく身近な人間関係しかなかった。新しい出会いを通じて自分の価値観が揺さぶられ、変わりたいという衝動に掻き立てられる。服の買い方を知りたいというのは、自分を変えたい意識の第一段階なのだ。