スポンサーリンク

ジョガーパンツのメンズコーデ|快適すぎて他のがはけない!

ジョガーパンツのメンズコーデは簡単だし、それでいて快適だということが分かった。

娘の父親参観日に着ていくものを物色しているうちに、ジョガーパンツに行き着いた。

スーツでビシッとキメるのも良いんだけど、何となく肩肘張ったような『カチッと感』に抵抗があった。

というよりも、正確に言えば太りすぎて手持ちのものが着られなくなったといった方が正しいか。

サイズアップしてダサいおっさんスーツを買うのであれば、ジャケパンでナチュラルな感じの方が良いという結論に至ったわけだ。

なので、本日はジョガーパンツのメンズコーデについて話をさせていただこう。

スポンサーリンク

ジョガーパンツほど楽なアイテムはないという事実

ジョガーパンツをメンズがコーデする際に、気を付けるべきポイントって何だろう?

ひとつはカジュアルに振れすぎないことだ。

ただでさえ、スポーティなアイテムなのにカジュアルに振れすぎては、そのまんま過ぎてつまらないものになってしまう。

なので少し綺麗めなものと合わせることを推奨しよう。

ジョガーパンツの定義

ジョガーパンツを定義すると、素材の違いや裾の仕様によって様々なデザインのものがある。

具体的なところまで仕様を定めてみた。

・素材:ナイロン及び、それっぽいもの

・裾形状:リブ有りなしどちらでも

・ウエストデザイン:基本的にはゴム仕様の紐でアジャストさせるタイプ

・シルエット:スリムテーパード

・レングス:アンクル丈

この5つを包括するパンツ形状のものをジョガーパンツと定義した。

スポーティなアイテムだけど、傍から見たらスラックスとそう変わらないことに気が付いた。

普通にテーラードジャケットに合わせても様になるし、足元は革靴でもマッチする。

これならある程度かしこまった場でなければ、問題なくコーディネートすることができる。

そして何よりも、『楽』ということ。

締め付けられる感覚は一切なく、ストレッチ性も高いので動きやすさも保証済だ。

今回選んだものはシワになりにくく、通気性も高い最高のアイテムなのだ。

PLSTのジョガーパンツ

かみさんの買物に付き合って、近所のPLSTに行った。

とりあえず店員の接客がうざい。なんでここまで執拗に声を掛けてくるのか?

7,980円という購買のハードルの低い価格設定ということもあり、試着する。とりあえず楽だということと、手持ちのジャージジャケットとの相性も良かったので即決。

もう少しカジュアルさを抑えたものが良かったが、サイズが合わなかったのと時間が無かったことも含め妥当な判断と自分を納得させた。

ジョガーパンツのメンズコーデ

ここからは具体的にジョガーパンツのメンズコーデについて、組み合わせを考えてみた。

テーラードジャケット

父親参観に着ていくものを選んだことを踏まえると、一番に合わせるアイテムとしてはテーラードジャケットが挙げられる。

ジョガーパンツのメンズコーデを考えた際に、現時点で最も効果的な着こなしができるのは、テーラードジャケットというのが結論だ。

素材はジョガーパンツのものとニアリーな方が、コーディネートもしっくりくる。

ということでジャージ素材のものを合わせて、気楽にコーデすることをおすすめする。

シャツxニット

白シャツの上にニットを合わせるレイヤードとも相性が良い。

ジョガーパンツのメンズコーデは、シンプルにまとめるのが大人が気を付けるべきポイント。

タックインするとウエストの紐が目立ってしまうので、タックアウトを推奨する。

なので、シャツの着丈の長さは短めのものを合わせるように気をつけてほしい。

シャツだけでも、それなりに様にはなるが単色使いが面白くないので、ニットでレイヤードさせる方が安牌かな。

当然、カーディガンを使っても同様の効果が得られることは言うまでもない。

スポンサーリンク

Tシャツxレザージャケット

異素材を組み合わせてコーディネートするのも王道コーデのひとつ。

これはジョガーパンツのメンズコーデにも同じことが言える。

同素材で統一感を出すのも良いし、レザーなどを組み合わせて異素材をミックスさせるのもあり。

インナーはTシャツで軽快さを出しつつ、アウターのレザージャケットで最後はまとめる。

全体が重たいバランスになってしまうところを、Tシャツとジョガーパンツが軽減してくれるわけだ。

パーカー or スウェット

パーカーやスウェットは一番相性が良い。

でも、カジュアルになりすぎてしまうため、着るシーンを限定しよう。

ジョガーパンツのメンズコーデで大人が注意するべきポイントとすれば、それはバランス以外何もない。

何よりも着るシーンにマッチしたコーディネートを心がけるべきである。

なので、その観点からみると休日になるのかなー。

スウェットやパーカーは、あまりにもカジュアルな要素が強すぎるから。

パーカーやスウェットをジョガーパンツとコーデするのであれば、メンズはバランスを足元で取るようにしよう。

レザーシューズでカチッとまとめると、全体のバランスはきれいにまとめられると思う。

スニーカー or レザーシューズ

パーカーの最後の部分で話をしたが、ジョガーパンツのメンズコーデで重要なのは足元に何を合わせるか。

スニーカーを合わせるのであれば、トップスはきれいなジャケットでなければならないというものでもない。

会社によっては、スニーカーなんてもってのほか。そんな企業はそもそもジョガーパンツなんて許されないかもしれないが・・・

私は服装自由とはいえ、この点は最善の注意を払って選ぶようにしている。

ドレスシューズもローファータイプの方が、ドレスダウンにも通じるし合わせるタイプで見え方は異なる。

大人っぽさを出せるスニーカーとなると、ニューバランスが一押し。

合わせるアイテムの相性を考えつつ、有効なコーディネートを考えてみてほしい。

まとめ

ジョガーパンツのメンズコーデについてまとめに入ろう。

合わせるアイテムはバランスを考えてカジュアルになりすぎないように、ジャケット等を合わせる方が大人っぽい。

カジュアルなアイテムに偏るのであれば、足元はドレッシーなタイプのレザーシューズを合わせる。

あとひとつ付け加えるとすれば、色のトーンを合わせること。

ジョガーパンツのカラーがネイビーであれば、グレーや白と合わせる。

ブラックも同様に、白やグレーとの相性は言うまでもなく抜群だ。

色々言ったけど、最終的には快適なアイテムなので是非コーディネートに取り入れてみてほしい。

ジョガーパンツの後にデニムを穿くと、圧迫感が半端ない。

飽きるまでの間は、当分コーデの中心になることは間違いないだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする