タックインの法則。シャツを入れる入れないはどこで判断?

タックインするときの基準を教えてほしい。

なるほど、あまり意識したことがなかったが確かに基準らしきものがあるとも思えない。

シャツをパンツの中に入れて着るのと、外に出して着るのでは見た目の印象もまったく変わる。

スーツが良い例だと思うが、ジャケットの下に着るシャツを外に出す人はひとりもいない。

奇をてらった着こなしで、外に出すなんて考える人がひょっとしたらいるかもしれない。

でも、普通のスーツを着こなす際に、そんな着こなしが合うはずないのだ。

だらしなさだけが際立ってしまい、メリットなど何一つ無いと言える。

ではタックインするときって、どんなときが良いのさ?

今日はタックインするときの基準について、色々なシーンを思い浮かべつつ考えてみた。

スポンサーリンク

タックイン・タックアウトの基準を考える

冒頭に話に取り上げた一般的なスーツについて。これはシャツをタックインして着ることがセオリーだ。

スーツを着ることのメリットというか、本来の役割は『相手にきちんとした人間として見せる』ことを目的としている。

銀行マンがシャツを外に出したスーツの着こなしをしていたら、あなたは預けた預金をすべて引き出すだろう。

だって、そんなやつが勤める銀行に不安を覚えるはずだから。

極端な例をとって説明したが、シャツをタックアウトしただけで相手が受ける印象は大きく変わることを伝えたかった。

デザインスーツは話が別

同じスーツを例に取って申し訳ないが、デザインスーツはまた話が別。

コムデギャルソンのようなスーツを着こなす場合、タックインしない方が様になるケースも存在する。

少し野暮ったい感じで着こなす方が様になるデザインのものもあるから、一概にルール化できないのがタックイン。

この辺は例外的な着こなしになるかもしれないね。

着丈で印象がまったく変わる

基本的にテーラードジャケットにデニムを合わせる。

インナーにシャツを選択した際に、タックインするかしないか迷うときがあるだろう。

ここで一つの基準になるのがシャツの着丈の長さ。

着丈の短いシャツであれば、そもそもタックインすること自体が難しいのもあるが、タックアウトしてもそれほど違和感が生まれない。

着丈の長いシャツを選んだ場合、100%タックインしないと見た目が相当もっさりする。

カジュアルシャツとドレスシャツでは、基本的に着丈の長さが違うから使い分ける必要があるわけだ。

シャツの着丈の長さを、タックインの基準にするとすんなりコーデを決めることができる。

上下タイトな着こなしは注意が必要

シャツとパンツの着こなしを考えた場合、上下でスリムなIラインになるときは慎重に考える必要があるね。

特に私のようにスタイルの悪い人間が、このようなコーディネートをしてしまうと腰の位置が丸わかりになってしまうので、足の短さが如実にバレてしまう。

諸刃の剣ではないが、清潔感のある着こなしができる半面、自分の体型をそのまま晒してしまう危険も伴う。

トップスをタックインするかしないかだけで考えても、見栄えに大きな影響を与えるから注意が必要だ。

おしゃれはバランスが大事なのは、この点から見てもよく分かるんじゃないかな。

ポロシャツは『おっさん化』する危険あり

タックインするかしないかで迷うのがポロシャツじゃないかな。

私はポロシャツをタックインして着たことがない。

忘れもしない10代後半、友人に言われた一言を思い出す。

トップスにラコステのポロシャツ、パンツにスラックスを合わせ足元にはシルバノマッツァという、10代後半とは思えない渋いコーデをしたときに言われた言葉だ。

『ゴルフにでも行くの?』

友人からしたら、私が思う渋いコーディネートが、ただ単に休日のおっさんコーデと同様に見えたわけだ。

この言葉を言われて以降、私はポロシャツをタックインしたことがない。

これからも二度とポロシャツコーデでタックインすることはないだろうね。

メンズファッションはいくらアイテムに金を掛けたところで、トータルバランスが整っていなければ意味がないのだ。

オーバーサイズのトップスに意外にハマる

それではおしゃれなタックインコーデを考えたときに、どのようなものがピッタリ来るのだろうか?

一つはオーバーサイズのアイテムを合わせるときが、意外に様になる。

シャツやTシャツなどのトップスも、オーバーサイズを合わせることで意外にこなれた感じに見せることができる。

最近のレディースコーデでよく見られる、トップスのフロント部分だけタックインするなんてコーデも見られるくらい。

少し身幅がたっぷりしたトップスをタックインすることで、上半身にふわっとした空間が生まれる。

これがこなれ感を演出するキーファクターとなるわけだ。

おしゃれにタックインする一つの選択肢として、オーバーサイズのトップスを合わせることをおすすめする。

パンツにゆとりをもたせる

オーバーサイズのトップスとは真逆に、パンツにゆとりをもたせることでタックインが映えることもある。

シャツがピッタリしたサイズのものでも、合わせるパンツにゆとりがあるだけで見え方が変わるんだからおしゃれは奥が深い。

とはいえ、脚が短い人がこのコーディネートを実践するともっさくなるだけなので、おすすめする人は限られるけどね。

きれいめとカジュアルの組み合わせ

シャツにスウェットや、ジョガーパンツなんて組み合わせにもタックインは有効だ。

今までに無かった組み合わせなのが新鮮、ということもあるのかもしれない。

このボトムにカジュアルを持ってくる際には、スニーカーでもきれいめのドレスシューズでも合わせられる。

シャツプラスでカジュアルなパンツをコーデするときには、タックインが様になるのを覚えておこう。

まとめ

タックインの着こなしについて、自分なりの考察をまとめてみた。

街を歩いていると、おしゃれにタックインしている人に遭遇することが増えた気がする。

最近のトレンドとも相まって、コーデに取り入れる人が増えているんだろう。

とはいえ、流行っているからタックインする、という発想はナンセンス。

ある程度法則性を考慮して、組み合わせるものを選んで欲しい。

タックインについては、これ以外にも自分なりの理想形を模索してみても面白いと思う。

永遠のテーマの一つなので、色々と考えてみてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする