メンズファッションの無難なまとめ方|70点を目指すコーデ

メンズファッションを無難にまとめる。

無難にまとめる理由はいくつもあるだろうが、この中には「そこそこ」おしゃれに見えればそれでOKという意図が隠れていることが多い。

「おれはそんなにおしゃれにこだわってないから、無難な格好が分かればそれでいい」

男性からはこんな意見をもらうことが多い。別に目立ちたいわけじゃないけど、必要にかられてそれなりの格好をしないといけない。

そんなシチュエーションは誰にだってあるもの。

はっきり言えば『変』だと思われなければそれで良いという、究極のコンサバティブな思考とも言える。

潔くて嫌いではないので、メンズファッションにおける無難な格好についてまとめてみた。

スポンサーリンク

メンズファッションにおける無難な格好とは

まずは、メンズファッションにおける『無難』とはどのような格好を指すのだろう?

冒頭にも伝えている通り、誰の目から見ても変だと思われなければそれで良いとする服装と定義しよう。

誰の目から見ても変に取られることのない格好、これこそ究極のスタンダードとも言い換えられる。

ハイアベレージな数値を求めず、無難に70点に届くか届かないかで良いとする意見。

そう考えると意外に難しく感じるが、基本的な組み合わせで良いので非常に簡単にコーディネートできる。

おしゃれになりたいわけではなく、それなりに見えれば十分。価格は品質をある程度保ったギリギリのラインで設定しようか。

その辺を見繕ってみよう。

メンズファッションで無難な格好にまとめるアイテム7選

それなりに取り入れるだけで無難に見えるアイテムをいくつか紹介する。基本的には以前紹介してコスパの良いお店から選定することにしよう。

テーラードジャケット

6,000円で買えるコスパを考えたら、ユニクロのジャケットに勝てるものはないだろう。

選ぶのはカジュアルなノーフラップタイプのもの。ウールで裏地もパットも入ってない身体に馴染むタイプをチョイスする。

大人のメンズがファッションに取り入れるべきテーラードジャケットの、すべての要素を高い次元で叶えてくれている。

私もたまに会社に着ていくことがあるが、ユニクロのものだと公言しても誰も信じないクオリティの高さ。

『This is bunan』とは、このユニクロのテーラードジャケットに対する言葉なのかもしれない。

白シャツ

無難の塊のような存在の白シャツについて、誰が着てもそれなりに見えてしまう代表的な一枚だ。特にこだわりを持っているわけでもないので、コスパの良い店の中から選ぶとすれば無印のものをチョイスしよう。

ユニクロやGAPとも違い、無印の白シャツはそれなりのクオリティである程度今風のスタイルに仕上げている。

その中でもオーガニックコットンを使用した、ボタンダウンのオックスフォードタイプがおすすめ。適度に起毛した生地感が価格以上の価値を感じさせる一枚。

税込みで2,990円という価格も無難な格好にまとめたいときに、ピッタリだ。

ユニクロのカーディガン

ユニクロのメリノウールのカーディガン。サイズ感は細くもなく太くもなく絶妙な無難さを発揮するシルエット。

メンズファッションの中でも、最もコスパの高いアイテムと呼べる質感はそこら辺のセレクトショップが展開するカーディガンと比較しても全く見劣りしない。

これで3,990円(税抜)という破格でリリースしてるのだから、セレクトショップもたまったもんじゃないだろう。

ライトグレーかネイビーというこれまた永遠のスタンダードなカラーを選べば、あなたの望む無難なメンズファッションは7割完成したようなもの。

質感的には90点を与えても良いくらい、見た目の艶感も素晴らしい。価格以上に価値ある商品の一つであることは間違いないのだ。

ユニクロって凄いね・・・純粋にそう思ってしまうほど価格を考えるとクオリティは高い。

スポンサーリンク

ストレートデニム

ストレートデニムは無難なメンズファッションの代表的なアイテムだ。スキニーのような若者っぽさもなく、スリムストレートとはまた違うベーシックなシルエット。

何よりも裾までまっすぐに伸びたシルエットは、履く靴を選ばない。

メンズファッションでこれほどスタンダードなパンツは、他にはないとも言える。縦落ちのあまりないものを選ぶのが肝心なポイントだ。

デニムにこだわるブランドは、独自加工で自然な経年劣化を見事に再現しているものが多い。価格が安いものはどうしても、その点で勝てないのでワンウォッシュを選ぶことをおすすめする。

私がコスパの良い店の中でデニムを選ぶとしたら、間違いなくGAPを選ぶ。東南アジア地域で作られているものが多いが、目立ってヘタった試しがなくレングス展開も非常に豊富。

ディスカウント率が高い時期に購入できれば、価格もかなり抑えることができる。トレンドものに偏るZARAやH&Mで選ばないように。

デザートブーツ

もはやブランドにはこだわらない。クラークスもどきで十分だ。

クラークスを買ったら20,000円オーバーなので、無難にまとめたいメンズからすれば予算オーバーだと思う。

デザートブーツをおすすめする理由は、スニーカーと革靴の中間を行く独自の立ち位置がコーディネートを選ばないから。

一足あれば、どんな服装とも合わせることができるし、それなりにきれいにまとめることもできる。GAPかZARAあたりで似てるものが見つかれば、かなり安く手に入れることができるはず。

もしくは、セレクトショップでセールになっているオリジナルを買うというのも一つの手だ。

サンドベージュはクラークスでないと安っぽく見えてしまうため、カラーはダークブラウンや黒をチョイスして誤魔化す。

VネックTシャツ

Vネックほど、それなりに無難に見えて大人っぽさを感じさせるアイテムは他では少ない。

私が好きだったのはGAPのVネックカットソー、昔に比べればその質感は少し落ちてると思うが、サイズ展開が豊富なためここで選ぶことが多くなる。

インナーとしてフルシーズン使い倒すことができ、かつ簡単にヘタれることがない耐久性の高いもの。ユニクロや無印で買ったものはすぐに毛玉ができてしまったので、なおのことGAPの方が良い。

スニーカー

シンプルに無難な着こなしにもってこいなのがコンバースのオールスターだ。

ハイテクスニーカーは人によって好みが分かれるので、スニーカーの完成形と呼ばれるコンバースのオールスターを無難にチョイスしておこう。

着る服を選ばないという点で考えた時に、これほどその形容が相応しいシューズは他にはない。普段履きに最適なオールスター、カラーはこれまたスタンダードな生成りをおすすめする。

白とも違い、黒よりは悪目立ちすることもない。こんな無難なスニーカーは他にないよ。夏に気軽に履けるのもポイントが高い理由のひとつ。

まとめ

メンズファッションにおけるとりわけ無難なコーディネートについて、アイテム別におすすめを紹介した。

この辺を取り入れておけば、間違いなく『変』だと思われることは100%ない。

ひょっとしたら70点を大幅に超えるコーディネートになってしまったかな・・・基準を下回るわけじゃないから良しとしよう。

無難からスタートするのであれば、服のレンタルサービスもおすすめの一つ。

月額定額でスタートできるから、一式コーディネートが必要なのであればこちらの記事も参考にしてみてくれ。

服をレンタルで済ませれば、最小投資でおしゃれになれるかもしれない? 私が若い頃には、こんなサービスは存在しなか...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする