スポンサーリンク

ジーンズに合う革靴とは?間違いなく一皮むけたコーデを実感

ジーンズに合う革靴を聞かれると悩んでしまう人も多いのでは?アメカジを代表するジーンズは、どうしても合わせるアイテムが限定される傾向が強い。

スニーカーやブーツを合わせるのが王道のアメカジとはいえ、きれい目の革靴ともマッチするところがデニムが万能である理由の一つ。

今日はきれい目なコーディネートをすることを前提に、ジーンズに合う革靴を選んでみることにした。

スポンサーリンク

ジーンズに合う革靴を選ぶ前に

ジーンズに革靴を履く。

うまくコーディネートできれば、おしゃれ度は一気に高めることができるのは確かだ。『おしゃれは足元から』を体現するときこそ、ジーンズに合う革靴を選ぶときなのだと思う。

きれい目のジーンズを選ぶ

話の前提としてきれい目のジーンズを選ぶ事が大前提に挙げられる。ここでブロークンなデニムを履くなんてことはNGだ。

カジュアルシーンの代表的なアイテムであるジーンズを使って、きれいなコーデに落ち着かせる。革靴の選定が肝になるとはいえ、合わせるデニムは何でも良いわけがない。

まずはきれい目のデニムを揃えることから始めよう。きれい目なジーンズの定義としていくつかあげておく。

・リジット

・ワンウォッシュ

・加工がハードでない色落ちのもの

革靴の種類は2種類

革靴の種類は大きく2種類に分けられると思う。ひとつは普通に黒・茶を基調とした革靴と、二つ目はスエードを使った生地感のものだ。

きれい目の着こなしに相応しい革靴は、この2種類の素材で十分。

黒の革靴はシンプルだが、大人が身に着ける定番としてビジネスシーンと冠婚葬祭とは別に1足欲しいところ。

スエードは、風合い自体がおしゃれな印象を与える稀有な素材なので、取り入れることで簡単におしゃれな雰囲気をもたらすことができる。

基本的に、この2つを使い分けてコーディネートを完成させる。

ジーンズに合う革靴は、この2つをまず押さえておくようにしよう。

スポンサーリンク

ジーンズに合う革靴をピックアップ!きれい目コーデ限定

サイドゴアブーツ

サイドゴアブーツは、ここ数年私がずっと欲しいと思う革靴の一つだ。デザインは黒のソリッドな革のものが良いかな。

ブランドは特にこだわってないので、革質が滑らかで履き心地が良いもの。

シンプルなデザインでありながら、リジットデニムとの相性は抜群に良く一足持っていることでコーディネートの広がり素晴らしい。

黒の革を選ぶ理由の一つは、リジットの糊が落ちた場合の変色を避けることができるのも大きなところでもある。

ウイングチップシューズ

トリッカーズを代表とするウイングチップシューズの魅力は、無骨な構造とドレッシーなデザインの融合部分にあるのかな。

コパの張り出したアウトソールにレースアップという作りが、好きなタイプのデザイン。アッパーのメダリオンがきれい目な装いにピッタリとハマる。

コーディネートとしては、リジットデニムをロールアップして合わせたいかな。

ストレートチップシューズ

ドレッシーな場所にもビジネスにも通用するストレートチップシューズは、ジーンズに合う革靴の中でも上級者向けの着こなしになると思う。

内羽根の靴は基本的にフォーマルなシーンで使われるもので、普段使いするものでもないんだけどリジットデニムとの相性は良く、その組み合わせを実際に見てもらえれば否定する人はいないはず。

ここまでドレッシーなものになると、どうしても手入れの手間が掛かることを除けば、ジーンズに合わせてもおかしなことにはならないのだ。

色はやはり黒が望ましい。最悪は冠婚葬祭で使えるので、買って損することはない靴なんだよ。

チャッカーブーツ

よくよく考えれば、これが一番しっくり合わせることができる革靴かもしれないな。

ドレスとカジュアルの中間に位置するのが、チャッカーブーツの立ち位置だと思っている。シンプルだけど適度にすっきりしている、でも華奢じゃない。

個人的にはトリッカーズと同じ位置づけだと思っているが、装飾は極力していないものを想定している。

スーツにも合わせることができるし、用途は幅広いことも特徴にあるかな。

プレーントゥシューズ

アッパーに装飾も何もないシンプルイズベストなデザインのシューズのこと。チャッカブーツとの違いは、ホールがくるぶしにあるところが大きいか。

プレーントゥなデザインは色々な革靴に採用されてることからも分かる通り、一番合わせやすいデザインなんだ。

サイドジップ、サイドゴア、デザートブーツ、アイリッシュセッターなど、デザインとしてプレーントゥを採用しているものは多い。

地面から筒までの長さがある革靴は、履くジーンズを選ぶだろうし裾幅によってはきれい目なコーデどころじゃない。

ローファー・スリッポン

ローファーやスリッポンはジーンズに合う革靴の代表的な位置にいる。

ビジネスシーンでローファーをコーデしている人をよく見かけるが、厳密な意味としてローファーはビジネスで使わないのが鉄則だ。

日本はドレスコードにゆるいので、スーツにローファーが許されるが欧米のスタンダードなルールからすればNG。

ジーンズのようなカジュアルアイテムとの着こなしは、普通にぴったりくるに決まってる。

革靴の素材と色

ジーンズに合わせる革靴の素材と色について。シンプルに黒の革靴という選択肢がベースにあるとして、これを茶色に変えるだけで印象は軟派な感じに変わる。

軟派という表現が良くなかった、おしゃれな雰囲気が簡単に手に入る。

イタリアでは黒の革靴なんて、葬式の時しか履かないなんて言うし、国によってスタンダードは異なるのは当たり前。

日本では、やはり黒が無難で合わせやすいということもあり、ベースに黒の革靴を合わせる人が多いよね。

これがスエードに素材を変えるただけでも、コーディネートをより上品な印象に仕上げることができる。スエードの毛羽立った素材が、大きな違いをもたらしてくれるのだ。

色と素材に注意をしつつ、何足か揃えてみてはいかがだろう。

まとめ

ジーンズに合う革靴について紹介した。

話をまとめると、デニムについてはきれい目なものを合わせることが前提。リジットデニムかワンウォッシュでシンプルに。

革靴はドレスシューズも問題なく合わせることができる。

ブーツと革靴のどちらで合わせても良いので、気に入ったものを取り入れていただければと思う。

色と素材に注意して、黒一辺倒にならないように気を付けよう。個人的におすすめなのはスエード素材のもの。

別途サイドジップブーツ、ブッテロブーツの章で触れているので参考にしてもらえれば幸いだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする