グレーコーデで上品に|メンズが大人感を出せるシンプルな色

グレーコーデを華麗に着こなせるメンズは、おしゃれ度が相当高い。

コーディネートに調和をもたらすだけではなく、それ一枚で上品な着こなしを実現してしまう色。

グレーコーデを取り入れることで、メンズは一段うえの大人の着こなしが身に付くのだと思う。

コーディネートを考えたときに、グレーカラーを効果的に合わせる方法を紹介していこう。

スポンサーリンク

グレーコーデがメンズを上品に変えてくれる

グレーとひと言で片付けられるほど話は簡単ではない。その理由はカラーの濃淡の話につながるね。

ライトグレーからチャコールグレーまで、さらに黒に近いグレーを含めればその範囲はかなり広いものになるだろう。

かぎりなく白に近いグレーから、限りなく黒に近いグレーまで、そのグラデーションの幅は相当深い階層を形成するにいたるはず。

なのでグレーコーデをメンズが極めるのであれば、色の濃淡でどのアイテムを組み合わせるのかを綿密に計算しなければならない。

モノトーンが最も無難なコーデカラー

困ったときはモノトーンカラーで回避する。

それ自体を私は別に否定しない。グレーとモノトーンの相性は相思相愛の関係なので、どんな組み合わせだろうが似合ってしまう。

ゆえに無難なコーディネートに成り下がる危険もあるが、そこは素材や合わせるアイテムの個性次第でどうとでもできる問題。

コーディネートに迷いそうになったら、まずは黒と白のものを探せば間違えることは少ないはず。

大人メンズのグレーコーデ5選

ここからは具体的に合わせるアイテムについて話をしていく。

グレーの効果的なメンズコーデについて5つ提案をさせていただく。是非とも参考にしていただきたい。

キレイ目トップスxスウェット

テーラードジャケットやチェスターコート等のきれい目なトップスに、ボトムはスウェットパンツを合わせるコーデ。

比較的明るめのグレーで全体をコーデするのがおすすめかな。

グレースウェットは、もはやきれい目なコーデにも合わせられるほど市民権を得た存在だと思っている。

トップはきれいで上品にまとめ、ボトムに遊びを作る外しのコーディネート。これこそ大人のメンズが取り入れるべきスタイルの一つだと思う。

足元はスニーカーで軽快に合わせるのがベストだ。

グレージャケットxブルーシャツ

上品な着こなしの中でも、個人的に鉄板なのがグレージャケットにブルー系のシャツを合わせたコーディネート。

グレーのコーデで最もメンズが映える組み合わせだと思ってる。

これが上質なウールのジャケットになると、大人の上品さが滲み出るわけだ。ダークトーンのグレーにまとめればシックに、ライトグレーになると少し若々しいイメージになる。

この2通りの使い分けだけでも、グレーの幅広いコーデ力を見せつけてくれるはず。

パンツは同色でまとめても、ネイビーや黒を合わせてもしっくり合わせることができるだろう。

スポンサーリンク

グレーパーカー

グレーのアイテムで外せないものと言えば、パーカーでしょうね。

このグレーパーカーはコーディネートを考えた時に、最もカジュアルに合わせられる気軽さがストロングポイントと言える。

パーカーの色で人気投票したら、ダントツで1位に選ばれるのはグレー。これは間違いない事実、相場的にもグレーが一番価格が落ちない色なのだ。

人気の理由はやはり合わせやすさだと思う。

私はグレーパーカー単体で着ることは少なく、基本的にアウターと合わせて着ることが多い。

代表的なものとしては、レザージャケットやチェスターコート、ダウンベストなど。

この辺のアウターとの相性も抜群に良い。グレーコーデを考えた時に、メンズが一番最初に買うべきアイテムと言えるかな。

グレーデニム

使いやすさはデニムも同様。

グレーコーデを利用すれば、メンズのイメージを簡単に変えることができる。

普段履いてるジーンズの色をブルーからグレーに変えてみな。それだけで印象はまったく変わるんだ。

デニムはブルー、グレー、ブラックとこの3色は基本的コーディネートを構成するモデルとしてワードローブに必要なもの。

大人っぽい着こなしにグレーが合うのは、バランスをうまくコントロールしてくれるからなんだろう。

グレーのデニムはカジュアルな印象よりも、少しキレイ目なベクトルにも振れるアイテム。

普段よりも少し変化を与えたい時に利用したいのが、グレーデニムの役割だ。

グレースニーカー

グレーのスニーカーは難しいコーディネートを、簡単に調和させてくれるバイプレーヤー的存在。

だから手持ちスニーカーの中でも、活躍頻度が高いアイテムなんだと思う。

NIKEのTAVASとNBの1300は、合わせるアイテムを選ばず通年活躍してくるキープレーヤーなのだ。

何気に市場に浸透しすぎて購入するか踏みとどまっている人も多いと感じる、コンバースのオールスターなどはグレーが違いを生めるもの。

ちょっと違いを出したい、もしくはどんなコーディネートにも合わせられる万能なスニーカーが欲しいという人は、グレーを選ぶと間違いないよ。

まとめ

グレーコーデがメンズにどれだけ重要な役割を与えているかをお伝えした。

簡単に大人の雰囲気を出したいのであれば、上品なコーディネートにまとめることができるグレーを活用しよう。

モノトーンカラーの一部であり、そのコーディネートの万能性は他のカラーにはない。

『困ったらグレーを選ぶ』

なんて選び方も有りだと思うよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする