スポンサーリンク

高級スニーカーの代名詞|ニューバランス1400は最高傑作

『雲の上を歩いているようだ』

この言葉はラルフローレンがニューバランス1300を履いた際、その履き心地の素晴らしさを絶賛したあまりにも有名なフレーズ。

実際に日本で発売した時の価格は、39,000円と非常に高額だった。発売された以降はラルフローレンの名言も後押しとなってか高額でありながら飛ぶように売れた。

高級スニーカーでありながら未だに人気は衰えることなく、発売以降その評価は『スニーカー界のロールスロイス』と称されるほど。

1300の発売開始から9年の歳月を経てリリースされたのが、後継モデルになる1400になる。

3万円近い高級スニーカーでありながら、店頭に並ぶと即完売。94年に発売してからというもの、今でも人気が衰えることはない。

今回はスニーカーのマスターピースであり、高級スニーカーとして不動の地位を築いたニューバランスの1400について話をさせていただこう。

スポンサーリンク

スニーカーのマスターピース『ニューバランス1400』

高級スニーカーたる所以は、どこを見て判断すれば良いんだろう。

単純に値段の高いスニーカーなんて、NBの1400以外にも数多存在する。

ドレスシューズをメインで取り扱うジョン・ロブやベーメル、サントーニのスニーカーは確かに高級だ。価格としてもスニーカーとは思えない、6~8万円がレンジの商品。

でも、別に欲しいとは思わないんだ。

価格が高いスニーカーを『高級スニーカー』と一括りで話ができない。

ニューバランスの1400は、市場で受け入れられている人数が圧倒的に違う。

なので、高級スニーカーの定義として価格の他に需要を加味して、NBの1400を選んでいることをまずお伝えしておく。

だからスニーカーのマスターピースを称されるわけだ。

開発ストーリー

そもそも、その開発に至るストーリーからして虜にされてしまう要素を持ち合わせている。

1989年にニューバランスは1500という商品をリリースしている。数字の桁数で言えば1400が先にくるべきところ、なぜ1500なのか。

EVAが一層カットのミッドソールが主流だったが、一体成型の二重構造によるミッドソールを採用したことで話題を呼んだのが1400。

EVA素材とポリウレタン素材それぞれを独自に包み込む形状にした、当時としては非常に技術的に難しい構造。

その画期的な構造は当時の量産手法に採用することができず、先に1500を投下する。量産の目処が立った1994年に晴れて1400を発売できた経緯がある。

基本的に車でもそうだけど、モデルチェンジする際に良いモデルが続いて投下されることは少ない。

モデルチェンジに対するプレッシャーなのか、続けざまに名作が生まれることは少ない気がする。

M1500はデザイン的にハイテクとローテクを混ぜた、チャレンジを感じさせるものだった。

でも、記憶に残るのは1300や1400なんだよ。

クラシックなデザイン

何よりもそのクラシックなデザインが長年人気が高い理由なんだろう。

先端が細すぎず太すぎずのモデルが1400、もう少しシャープなものが欲しい人は996がベスト。

ローテクなデザインでありながら、使われる技術は最先端。ナイキやアディダスのように、見た目から技術力の高さを感じさせる機能的なデザインではなく、シンプルな永久不変のもの。

そのいつまでも変わらない普遍性が、高級スニーカーたる所以でもあるわけだ。時代を超越していつまでも求め続けられる存在。

『オーセンティック』という言葉は、NBの1400のようなものに使われるのが適切なんだろう。

高級素材と最新技術

高級スニーカーと言われるだけあって、使われてる素材自体も高価なものばかり。

アッパー素材は贅沢な天然皮革を使っている。革種はピッグスエード、鈍い輝きがやり過ぎ感がなく、自然に高そうな雰囲気を醸し出している。

ナチュラルに、大人が履くのに相応しいスニーカーの条件を満たしているんだ。

M995などの復刻モデルについては、ウルヴァリン社のブーツにも採用される高級ピッグスキンを使ってるものもある。

このピッグスキン部と、メッシュ部のグレーカラーのコントラストが何とも堪らない配色なんだ。

1400SB(スチールブルー)は、ニューバランスのフラッグシップモデルの中でも、特に存在感が際立った逸品なのだ。

スポンサーリンク

クッション性能

クッション性はC-CAPとENCAPの両方を搭載したものとなっている。

C-CAP:EVA素材を圧縮成型しクッション性能の持続力を大幅に向上。軽量化を実現したライトウェイトタイプもシューズに応じて使用。

ENCAP:衝撃吸収性に優れたEVA素材を頑丈なPU素材に封入した構造。ハイレベルの安定性とクッション性を実現  NEW BALANCE

二つの技術を融合することで、名作である1300の履き心地を更に進化させた。

袋縫い(マッケイ製法)

袋マッケイ製法とは、靴の外周にそって縫い付けるのではなく、包み込むように中央部分で縫い合わせる技法を言う。

これは非常に手間の掛かる作業らしく、現在では限られたモデル(996と1000番台のモデル一部)にしか採用されていない。

メイドインUSAのモデルのみ、この袋縫いの製法を取り入れているため生産地域がアメリカになる。その結果、工賃が東南アジアで生産するものより跳ね上がり価格も高くなる。

というよりも、ニューバランスはやはりMade in USAだから良いんだ。

毛玉になりやすいヒールカップ

良いところだけなら良いんだけど、当然駄目なところも存在する。

その一つがヒールカップにできる毛玉の存在。

1年も履いた頃、履き方によっては毛玉が目立つようになる。

このヒールカップ内側素材に関しては、個人的には別のものに変更してほしいところ。

1000番台は高額

高級スニーカーだけに高額なのは仕方ない。

ニューバランスを代表するフラッグシップモデルとなる1000番台は、すべてUSAメイドのものになる。

中国や東南アジアではなく、アメリカやイギリス等で生産されている。しかも、基本的に靴職人が一足一足を丁寧に仕上げるため工賃が高くなる。

アジア地域で生産されるモデルとの価格差は、約2倍にもなる。

まとめ

すぐそばにあったナイキのTABASと履き比べてみた。

同じサイズながら履き心地は圧倒的に1400の方が上。価格差は2倍以上の高級スニーカーだけに、当然と言えば当然なんだが。

歩きやすさを重視するあまり、最近4歳の長男もニューバランスデビューを果たした。

これで家族全員がニューバランスのスニーカーを履いていることになる。

履き心地の良さは圧倒的にニューバランスが素晴らしい。

だから、これからもいくら価格が上がってもここのスニーカーを買うんだろうな。

雲の上を歩いてるような・・・気はしないが、素晴らしいスニーカーなのに変わりはない。

是非一度足を通してみて欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする