スポンサーリンク

スリッポンに合う靴下|メンズがコーデ以前に重視すべきこと

スリッポンに合う靴下?

スリッポンて靴下履くの?

いや、絶対履くっしょ??

じゃーどんな靴下履くの?

・おばちゃんみたいなちっちゃい靴下?

・スポーティなスニーカーソックス?

・それとも、普通の靴下みたいに長いやつ?

おじさん、普通に裸足が正解だと思ってたんだけどね・・・

ということで今日はスリッポンに合う靴下について、メンズがピッタリなものを見つけていこう。

スポンサーリンク

スリッポンと靴下はどのタイプが合うか(準備編)

スリッポンがどんな靴?っていう話は省くことにして、ここからはスリッポンに合う靴下について具体的に考えてみよう。

検証用スリッポン

検証に使うスリッポンはコールハーンのローファーか、ドライビングシューズを用いることにした。

ローファーはカラーがブルー系なので、その影響を考慮するとどんなカラーとも馴染むベージュのドライビングシューズの方が良いのかな。

まずは、ベージュのドライビングシューズを使い、実際に靴下に合わせてみることにした。そこで足りない内容があれば、また別途考えよう。

検証用の靴下

今回検証するにあたり、靴下はユニクロのものを使用した。普段履いている3足990円というコスパの良さと、どこの地域でも買えることを想定して設定している。

一番左がスリッポン用のソックスとして売られているもの。真ん中はスニーカーソックスで、右側がスポーティなラインの入った長目の靴下になる。

まずはこの3種で試してみるので十分だと思うけど。追加検証が必要な場合は、別途考えるとしてまずはこの3つで試す。

検証用パンツ

検証用に使用するパンツは、スキニータイプのサマーコーデュロイパンツ。

これからのシーズンにピッタリな、ライトグレーのものをチョイスした。というよりも、デニムの方が良かったかな。

いつもデニムばかり履いてるので、たまには違うパンツで試してみたかった。季節要因を考えると、当然デニムよりもサマーコーデュロイの方が適しているし。

実際にスリッポンが活躍する春夏を考慮して、サマーコーデュロイの淡いカラーのパンツをチョイスした。

スリッポンと靴下はどのタイプが合うか(検証編)

準備に必要な『スリッポン』『靴下』『パンツ』については説明をさせてもらった。

ここからは、実際にスリッポンにどの靴下が合うのかを検証する。

長い靴下(一足目)

なんかキモいなオレ。

靴下のカラーも影響しているのかもしれないが、8分丈に長い靴下は思いっきり見え見えで気持ち悪い。

パンツをロールアップして足首を見せるコーディネートが定番と化した今、スリッポンと靴下の関係だけではなく、シューズとソックスの関係を見直さないといけない。

スニーカーソックス(二足目)

なんか中途半端?

さっきは思いっきり見えてるのが気持ち悪かったが、ちょっとだけ見えるのも何だか中途半端で気持ち悪い。

ちょい見えする範囲が中途半端なため、それが逆に気持ち悪さにしかつながらないんだろうね。

別のアングルから見ても、変なことに変わりはない。

私が女性だったとして、彼氏がこんな出で立ちで現れたら気になってデートどころでは無いはずだ。

たかが靴下とバカにしてると痛い目に合うのがファッションなのさ。

スリッポンに適切な靴下は、やはりスリッポン用の靴下なのかな。

スリッポン用靴下(三足目)

うん、これだ!

やっぱりスリッポン用のソックスが一番似合う。違和感がまったくないのは、やはり靴下がほとんど見えないバランスだからか。

スリッポンの理想は、靴下が隠れて見えないことだと結論付けることができる。

やはり私が思う『裸足最強説』は間違いではなかったのだ。

裸足(番外編)

裸足でスリッポンを履いてみる。

傍から見ると、スリッポン用靴下を履いたのと同じ状態にしか見えないよね。

単純に裸足とスリッポン用靴下を履いた状態は、ほぼイコールに等しい。

スリッポン用の靴下を履いて困るのは、途中で脱げてしまうこと。それを考えると裸足の方が良いんだけど、裸足は汗で蒸れる気持ち悪さが伴う。

私は圧倒的に夏場は裸足にスリッポンという、まさに石田純一のような履き方しかしない。

なぜなら、靴下が脱げて結局裸足で履くことになるから。

対策用のグッズや、インソールなどを色々と試したがシックリくるものが一つも無かった。

蒸れるのは嫌だけど、靴下が歩いてる途中に脱げることよりもマシというのが結論になる。

まとめ

履き口が大きく取られたスリッポンは履きやすい分、脱げやすいというデメリットがある。

そのため、小さいスリッポン用靴下だと安定しないことが多い。

スリッポンに合わせる靴下は、やはりスリッポン用のソックスが一番だ。靴下が見えないことがバランスとして理想だから。

とはいえ、スリッポンを履くときに短時間であれば『裸足』という選択も有りなんではなかろうか?

気持ち悪いから嫌と言う前に、一回試してみて!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする