テーラードジャケットの選び方|メンズが押さえるべきは3つ

テーラードジャケットはきれいめファッションだけではなく、カジュアルな着こなしにも取り入れたいアイテムだ。

メンズの格好良さを体現するものとしては、他に代わりになるものが無いだろう。

スーツのジャケットを合わせようと考える人をたまに見かけるが、少し毛色が異なるので間違っても流用しないように。

シンプルな着こなしになるからこそ、選び方を間違えると悲惨な目に合う。

今日はテーラードジャケットの選び方について、要点を3つに絞ってお伝えすることにした。

ポイントなんて挙げればキリがないし、そんなに一気にたくさんのことを言われても消化しきれないでしょ?

覚えておくのは3つだけなので、試着の際にひとつひとつを確認しながら自分に似合うものを見つけてほしい。

スポンサーリンク

テーラードジャケットの選び方は3つのポイントを押さえるだけ

テーラードジャケットの選び方として、今回紹介させていただくものは基本的にカジュアルシーンで使う場合を想定しての話。

デニムやチノパン、カーゴパンツなんかに合わせて着る場合を想定して話をする。

肩幅

テーラードジャケットの選び方としては、まず第一に肩幅が合っているかを確認しよう。

肩パットが入っているものは除外して、自分の肩から上腕二頭筋にかけて沿うようなラインができるものが美しい。

この肩幅が合っていないと、着られてる感や窮屈さにつながってしまう。肩幅を合わせた際に、袖付部が肩のカーブの中央付近に来るものが私は好きだ。

少し内側にテーラードジャケットの肩ラインが来るイメージかな。

テーラードジャケットを選ぶ際、一番最初のポイントになる部分。

とはいえ、1~2着を試着したところでは、中々分かりづらいところでもあるため複数店舗で試着して感覚を磨く必要がある。

何よりもまずは試着を繰り返し、肩周りの感覚を身につけられるようになることだ。

胸囲

テーラードジャケットを着た姿が美しく見えるのは、この胸囲が合っているかに掛かっている。

『ジャケットは胸で着る』なんてことが言われる理由は、ラベルの反り返りの曲線がきれいなほど良く見えるから。

一般的なジャケットの選び方って、胸囲を合わせた際に1つ目のボタンを留めて拳一個分の余裕があることが望ましいと言われている。

でも、私はカジュアルスタイルでテーラードジャケットを着こなす場合は、もう少し攻めた方がおしゃれに見えると思っている。

なぜなら、テーラードジャケットをコーデした際に、ボタンを留めること自体無いから。

テーラードジャケットの選び方を考えた場合、私はジャケットのボタンはあくまで飾りでしかないと思っている。

胸からウエストにかけて、自分の体にピッタリと沿っていくラインがきれいなことがすべて。

ボタンを留めないのであれば、拳一個分のスペースなど必要なく最悪留められなくても良いと思ってる。

そこまで攻めるのにためらいがある人は、拳半個を目安にサイズ感を確認してみることをおすすめしよう。

テーラードジャケットに着心地を求めるのであれば、話は別になるが格好良く見た目をキメることを優先するのであれば、ドロップを極力絞ったものを選ぶのが鉄則だ。

スポンサーリンク

着丈

テーラードジャケットの選び方として、最後に話をする部分として着丈の長さが挙げられる。

せっかく肩幅、胸囲とベストなものを選ぶことができたとして、最後の着丈を間違えるとすべてが台無し。

ここで重要なのは、自分の身長と頭身バランスの関係について。

身長が低い人であれば、長い着丈のものは避けた方が良い。他人から借りた感が出てしまうのは着丈が長すぎるから。

かといって、おしりが丸出しになってしまうほどのショート丈って言うのも子供っぽく見えてしまう。

おしりが隠れるギリギリのサイズ感を狙うのがポイントだと思っている。

なのでカジュアルシーンで着ることを前提とした場合、私は着丈70~72くらいのものを選んでいる。ちなみに身長は172cmだ。

180cm近い長身の方は、ジャストから少し長めの着丈の方が格好良く決まる。

いずれにせよ、おしりが隠れるすんでのところがサイズ感を決めるポイントになることは間違いない。

その他

テーラードジャケットの選び方で最も重要なスリーポイントについては以上になる。

これ以外にも重要なポイントはいくつかあるので、3つと言いながらそれ以外のポイントをその他事項にまとめておく。

ここは気になる人だけが見ておけば良い。

シングル・ダブル

シングルが一般的だけど、ダブルも渋くて似合う人には良いと思う。一歩間違えるとオッサン感満載なので、無難なところで言えばシングルになるかな。

袖丈

袖丈は長いものはNGだ。手の甲が隠れてしまうなんてものは論外だし、基本はシャツが1cmほど出ているくらいがベストになる。

ラペル

主にピークドラペルとノッチドラペルの2種類に分かれる。ピークドラペルは、個人的に好きじゃないのでノッチドラペルをおすすめする。

単純に好みの問題かもしれないので、無視していただいて構わない。

まとめ

テーラードジャケットの選び方について話をさせていただいた。

ここに挙げた以外にも、ラペル幅や本切羽、ポケットもフラップポケットにパッチポケットなど、ディティールを取り上げたらキリがない。

なので、まずは3つのポイントを押さえたテーラードジャケット選びをしてほしい。

ここさえ外さなければ、おかしなことにはならないはず。

まずは基本の一着をワードローブに加え、そこから派生させてデザインの違うものを数種類集めるのがベストな選び方。

テーラードジャケット選びの参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする