レミレリーフのパーカー|何色あっても飽きない最高の定番品

この記事は約 7 分で読めます。

 

レミレリーフのパーカーは、私のワードローブの中でもとりわけ活用頻度の高いアイテム。

しかも、色違いでやショップ別注品を含め、似ているものが何枚かあるんだよ。

 

レミレリーフパーカーの素晴らしいところは、単純にヴィンテージの雰囲気を再現するだけではなく、オリジナリティも表現できてる最高の商品。

デニムシャツを含め、ここのアイテムは何度か買い直しをしてるほとのお気に入りだ。

 

ということで、本日はレミレリーフのパーカーについて、その素晴らしさを余すこと無くお伝えできればと思う。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レミレリーフのパーカーの種類と特徴について

 

ヴィンテージスウェットを見事に再現するその加工技術の高さは言うまでもなく、毎年定番で使える普遍性が人気の秘密なのか。

とりわけ最近は、着古した『褪せ感』を上手く表現しているブランドの人気が高い傾向があるね。

 

デニムはこの傾向が強く、色落ちのさせ方、ダメージの入れ方がうまいブランドは人気が高い。

デニムだけではなく、服全般で取り扱うブランドを考えるとロンハーマンや、今回取り上げるレミレリーフが完成度では圧倒的に抜きん出てる。

 

レミレリーフのパーカー別注品との違い

 

今回比較対象とするモデルは、レミレリーフのプロパー品(左)とビームス別注品(右)について。

一見すると、レミレリーフのパーカーはプロパーとショップ別注の見分けが付かない。

 

どこで見分けが付くのかと言えば、素材の違いとパーツの違いの2つの部分。

 

独特のヴィンテージ加工に関しては、プロパーも別注品も相違ない。私の手持ちパーカーで言うと、ビームス別注の方が生地が厚いことくらい。

 

 

ジップの持ち手部分を比較すると、プロパー品はレミレリーフらしい趣向を凝らしたネイティブなデザイン。

革紐付きなので、ジップを開け閉めする際に持ちやすいが、意外にジャラジャラするのでビームス別注のシンプルなタイプの方が好き。

 

シルエットは比較的ゆったり目なので、私はSサイズを好んで着ている。

アームホールと身幅は、ややゆったり目で着丈は短めなのがレミレリーフパーカーの特徴的なシルエット。

 

他にはない独特の雰囲気

 

ボロボロと捉えるか、独特のオリジナリティと考えるかは人によって差が出るところ。

個人的には、古着本来のエイジングを見事に表現できてる一枚だと思ってる。

 

人が着たものは気持ち悪いと思う古着嫌いな人でも、ヴィンテージテイストを感じさせるデザインであれば何も問題ないだろうし。

ヴィンテージな雰囲気をここまで自然に再現できるのは、国内ブランドではレミレリーフ以外思いつかん。

 

この独特な雰囲気が好きな人は、パーカー以外の商品もおすすめしたい。

スポンサーリンク

素材やデザイン違いで豊富なラインナップ

 

私が持ってるレミレリーフのパーカーは、基本的にコットン100%のものしかない。

裏地が起毛素材になっているものやシルク混のものなど、細かいバリエーションが違うモデルが存在する。

 

デザインはシンプルなジップタイプのモデルだけではなく、真冬に相応しいフルウール素材のもの、夏はリネンなどを使ったものもある。

ボーダーデザインだったり、インディゴのダイダイ柄などスタンダードなものではなく、ひとクセ感じさせるものも用意されている。

 

取扱店舗は少ない

 

レミレリーフを取扱しているお店は以外に少ない。

私が知るお店としては、BEAMS(ビームス)とB’2nd(ビーセカンド)、青山にあるアパルトモン、RAWLIFE(ロウライフ)など。

 

この他にも個性的なセレクトショップに置かれているが、自分の身近なところで言えば、この辺になるのかな。

 

レミレリーフパーカーのデメリット

耐久性

 

完璧なヴィンテージの再現力、素材へのこだわり等については文句の付け所がない。

ただ、耐久性という観点から見ると、それほど長期間に渡って着続けることができるとも思えない。

 

私が持ってるスウェットについても、パーカーについても耐久性はそれほど高くないことが分かっている。

この部分に期待し過ぎてはいけないことを踏まえて、購入を検討してほしい。

 

レミレリーフはデニムシャツは耐久性の問題はないけど、パーカーやスウェットはそうでもない。

 

価格

 

価格が2万円近くするレミレリーフのパーカー。

普通のパーカーと比較したら、高いと感じるかもしれないが複雑な工程処理を踏まえて考えれば価格相応な気もする。

 

このヴィンテージ感に価値を感じることができる人は、買って損はしないだろう。

そこまでヴィンテージの再現性を求めていない人が買っても、高い買い物をしただけで満足感は得られない。

 

耐久性はそれほど高くないものに、どれだけ投資できるかでレミレリーフパーカーの価値が決まる。

要は古着の質感を好まない人は、買ってもあまり意味がない。

 

この完璧なヴィンテージの再現こそ、レミレリーフ最大の特徴であり価値なのだから。

 

まとめ

 

私は今後もレミレリーフのパーカーを買い続けるだろう。

このクオリティよりも、さらに上のブランドが現れるのであれば話は別だが、現時点で超えるものがないのが現実。

 

レミレリーフのヴィンテージテイスト溢れる商品群は、どれも魅力的なものばかり。

「古着は嫌だけど、この雰囲気は好き」

 

そんな人にとって、レミレリーフは他のブランドにはない価値を感じられるブランドだと思う。

レミレリーフのパーカーの素晴らしさを是非とも体感してもらいたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップス
クロース大佐をフォローする
~アクティビスタ~自分を変える最も簡単な方法はイメチェン