メンズはパンツがコーデの肝|ファッションは下半身で決まる

ボトムス

【メンズ】夏のパンツ選び!おしゃれに見せる着こなしを提案

夏のパンツ選びはメンズにとって一番頭を悩ませる部分だ。必然的にトップスはTシャツ、ポロシャツなどの軽装になる分、ボトムスで差を付けることになる。冬のコーディネートよりも重要視されるわけだ。夏のパンツがメンズの命運を左右する。おしゃれに見せるアイテムを提案しよう。
ボトムス

デニムのおすすめ【メンズ編】ヤヌークならデブでも履ける!

デニムのおすすめ【メンズ編】としていくつか見繕ってみようと思った。いつもであればKUROを一押しとして案内するところだが、別の視点から紹介しようと思った。脚は細いのにお腹が出ている男性が履いても似合うジーンズ。デニムのおすすめメンズをその視点でみるとヤヌークのミシェル一択だろう。
ボトムス

デニムを育てる|ダルチザンSD-107が最有力候補か?

デニムを育てる。今まで何十本とあらゆるブランドのジーンズを購入してきた。10代から20代にかけては、レプリカものやヴィンテージを愛用。3万を超えるプレミアムなものも複数買ったが、ここにきて1本欲しいものが見つかった。デニムを育てることを考慮した時にダルチザンSD-107が最有力か?
ボトムス

ショートパンツをパジャマ代わり|ユニクロレディースが最高

ショートパンツをパジャマ代わりとして使うメンズが多いはずだ。真夏のクソ暑い季節に、フルレングスのパンツなんて履ける奴は男では少ないはず。そんなときに目をつけたのがレディースサイズのユニクロ。ショートパンツをパジャマ代わりに使う利用する際の選び方をお伝えする。
ボトムス

KUROジーンズが最強な理由|大人はグラファイトで決まり

KUROジーンズが最強だと思ってる。過去に購入した中で、これほどデニムのすべての要素で完璧なアイテムは存在しない。スタイリッシュに履きこなしたい大人のメンズにピッタリの一本だ。KUROジーンズ最強説を裏付けるべく、手元にあるグラファイトを元に話をさせていただこう。
ボトムス

日本のデニムブランド『レッドカード』を履いてみた感想は?

日本が誇るデニムブランドの一つが、本澤裕治がディレクションするレッドカード。私も過去2着のRED CARDデニムを購入している。今回は、純粋にそのプロダクトに対する私の感想を伝えるのみ。日本のデニムブランドの中でもとりわけ評価が高いが、実際にどうなのだろう?
ボトムス

インコテックスのチノは本当におすすめ?ユニクロと比較する

インコテックスのチノは、『神パンツ』と呼ばれて久しい大人向けの高級ボトムだ。イタリアらしいタイトなシルエットと細部の細かい配慮が人気の理由だと思うが、素人から見たら価格差を埋めるほどでもない。インコテックスのチノをユニクロと比較して、履き心地をお伝えする。
ボトムス

カーゴパンツのメンズブランド|おすすめは細めのマージン!

カーゴパンツのメンズでおすすめのブランドを上げるとすれば、マージンを一番に取り上げたい。ドメブラとしてかれこれ10年以上も活動を続けている。シルエットがキレイで価格もそれほど高くない。カーゴパンツのメンズブランドはマージンを一番に押したいので紹介する。
ボトムス

KURO(クロ)デニムを評価|色落ちとサイズ感をレビュー

KURO(クロ)デニムの評価をしてみた。私はこのジーンズに巡り合ってからというもの、かれこれ7年位はAPCと並びほとんどがこれ。ワードローブの定番であり、サッカーで言えば不動の10番的な存在なのだ。KUROデニムの評価ポイントとして色落ちやサイズ感を中心にレビューする。
ボトムス

ダメージデニムの裾上げ時の注意点|加工を活かすか切るか?

ダメージデニムで肝になるのが裾上げするかだ。相当な脚長さんであれば何も問題ない部分だが、短足さんには一番悩むポイントの一つ。ジャストな丈に切るか、それとも加工をそのまま残すか。ダメージデニムの裾上げ時に起こる悩みに対して、私のデニムを元にメリット・デメリットを解説する。