メンズはパンツがコーデの肝|ファッションは下半身で決まる

ボトムス

ダルチザンの色落ち|レプリカデニムSD-107を定点観測

ダルチザンの色落ちについて、詳細を定点観測していく。ワンウォッシュのSD-107デニムを手に入れることができた。試着時から2ヶ月の時間を要したが、これから履き込んだ感じを定期的にレポートする予定。ダルチザンの色落ちが気になるすべての人に本記事を贈ろう。
ボトムス

ロンハーマンデニムは高い?シルエットや品質をレビューする

ロンハーマンデニムの価値ってどこにあるのか?シルエット重視というよりは、古き良きアメリカを体現する雰囲気全般?デザイナーのサイモンミラーも一押しする、RAW DENIMをレビューする。ロンハーマンデニム購入予定のメンズに本記事を贈ろう。
ボトムス

リーバイス501スキニーは邪道?王道デニムブランドを評価

リーバイス501のスキニーが去年発売された。私世代でLevi'sと言えばジーンズの王道ブランドであり、選択肢として外すことが許されなかった。あれから20年以上の月日が経ち、世には様々なデニムが混在している。リーバイス501のスキニーについて、原点回帰の意味も込めて、買ってみたので評価してみた。
ボトムス

ジーンズブランド【メンズ編】大人におすすめな神モデル6選

ジーンズブランドは星の数ほどあれど、本当の意味で大人のメンズに似合うモデルは限られる。体型カバーに優れているもの、ちょっとしたこだわりが垣間見えるもの、ジャケットに合わせられるもの、この3点は重要なポイントだ。男性に向けてジーンズブランドのおすすめの中でも、神モデルを紹介する。
ボトムス

【メンズ】夏のパンツ選び!おしゃれに見せる着こなしを提案

夏のパンツ選びはメンズにとって一番頭を悩ませる部分だ。必然的にトップスはTシャツ、ポロシャツなどの軽装になる分、ボトムスで差を付けることになる。冬のコーディネートよりも重要視されるわけだ。夏のパンツがメンズの命運を左右する。おしゃれに見せるアイテムを提案しよう。
ボトムス

デニムのおすすめ【メンズ編】ヤヌークならデブでも履ける!

デニムのおすすめ【メンズ編】としていくつか見繕ってみようと思った。いつもであればKUROを一押しとして案内するところだが、別の視点から紹介しようと思った。脚は細いのにお腹が出ている男性が履いても似合うジーンズ。デニムのおすすめメンズをその視点でみるとヤヌークのミシェル一択だろう。
ボトムス

デニムを育てる|ダルチザンSD-107が最有力候補か?

デニムを育てる。今まで何十本とあらゆるブランドのジーンズを購入してきた。10代から20代にかけては、レプリカものやヴィンテージを愛用。3万を超えるプレミアムなものも複数買ったが、ここにきて1本欲しいものが見つかった。デニムを育てることを考慮した時にダルチザンSD-107が最有力か?
ボトムス

ショートパンツをパジャマ代わり|ユニクロレディースが最高

ショートパンツをパジャマ代わりとして使うメンズが多いはずだ。真夏のクソ暑い季節に、フルレングスのパンツなんて履ける奴は男では少ないはず。そんなときに目をつけたのがレディースサイズのユニクロ。ショートパンツをパジャマ代わりに使う利用する際の選び方をお伝えする。
ボトムス

KUROジーンズが最強な理由|大人はグラファイトで決まり

KUROジーンズが最強だと思ってる。過去に購入した中で、これほどデニムのすべての要素で完璧なアイテムは存在しない。スタイリッシュに履きこなしたい大人のメンズにピッタリの一本だ。KUROジーンズ最強説を裏付けるべく、手元にあるグラファイトを元に話をさせていただこう。
ボトムス

日本のデニムブランド『レッドカード』を履いてみた感想は?

日本が誇るデニムブランドの一つが、本澤裕治がディレクションするレッドカード。私も過去2着のRED CARDデニムを購入している。今回は、純粋にそのプロダクトに対する私の感想を伝えるのみ。日本のデニムブランドの中でもとりわけ評価が高いが、実際にどうなのだろう?