スポンサーリンク

若く見える人の特徴とは?勘違いして痛い目に遭わないように

若く見える人の特徴って、ひとことで言ったら何なのさ?

男にとって、『若くみえる』ことは褒め言葉なのか?

女性は男性に若く見えると言われたら、素直に嬉しいと感じるでしょ。男も『若く見える』と言われて嫌な気持ちになる人は少ないと思う。

受け取り方の問題なので、そのまま受け取って良いんだろうけどその言葉に秘められた裏を見てしまうのは、単純に私の性格が天邪鬼だからかもしれない。

単純にありがたく受け取って良いものなのか、その発言者の心の裏側にある気持ちについても考えてみたいと思う。

若く見える人の特徴はどこにあるのあだろうか?

スポンサーリンク

実はそう思ってない場合

初対面

『若く見えますよね』は『おしゃれですよね』に通じる部分がある。

特に初対面の場合や、あまり相手のことを知らない段階で発生する言葉な気がする。これは、一次情報を何も知らない段階で、相手とコミュニケーションをしなければいけない場合に多く発生するような気がする。

実年齢よりも若く見える、外見がおしゃれ、いずれの言葉も相手を傷付けるものではないし言われた方も嫌な気はしない。

コミュニケーションを円滑に進めるのには、非常に有意義なワードなのだ。

特に若者が目上の人に話をしなければいけない状況の際、よく聞く言葉ではないだろうか?

状況的に言わざる負えない

状況がそう言わせる時も多いと思う。発言者、受け手、あなたの三角関係が成立したときによく起こる現象だ。

『○○さんてホントに若いっすよね、おまえ(あなた)もそう思うだろ』

こう促されてしまった状況で、きっぱりと若く見えないと言える人は少ない。自分の気持をそのまま言葉にすることで、その後の緊迫した無音空間が容易に想像できるから。

大人になるということは、この気まずさを回避する訓練を積む行為とも言い換えられるのかもしれない。

場所

ここを勘違いしているメンズはいないと思うが、あえて最後に取り上げておく。おねえちゃんのいる店でこのワードを聞いたから?なんてことはないよね。

もし回答がYESだった場合、社交辞令という言葉を憶えよう。

というよりも、おねえちゃんのいる店でなかろうが、女性にこのような言葉を言われても10割で受け取ってはいけない。

3割くらいで受け取っておくことが望ましい。好きなタイプの女性に『全然実年齢よりも若く見えますよね!』『めちゃくちゃおしゃれですね!』なんて言われて、喜ばないメンズがいるものか。

ポーカーフェースだったとしても、心の中では小踊りしてるもんだ。これが社交辞令だと分かった瞬間のあの落ち込みは二度と味わいたくない。

女性の本心を読み解くのは本当に難しいもの、安易な言葉で一喜一憂しないように気をつけよう。

若く見える人の特徴5選

上にあげた、ある意味マイナスの状況から発する言葉ではなく本当の意味で『若く見える人』の特徴をいくつか紹介させていただく。

老け顔

先天的なものが大きい老け顔の男は、ある地点を境に若く見られるようになるという逆転現象を生み出す。

私もこの手のタイプに分類されるが、高校時代に近所の喫茶店でバイトしてた時に客に言われた言葉は『おまえ老けすぎだろ』の一言。

そこまで言うこともないだろと思いながら、かなり傷ついたことをよく憶えている。これが30歳を境に逆転現象がおきてから、実年齢通りに見られた試しがない。

老け顔で良かったのか、悪かったのか、よく分からない部分であるが、現在この手の悩みを抱える若者は30代で花開くことを信じて生きていくしかない。

えっ!今日のお題はこういうことじゃないの?

スポンサーリンク

毛量

長い友達と書いて髪と読む。若く見える人の特徴で一番大きい部分として、髪型と顔のバランスが絶妙なことを挙げておこう。

最近の若者のようにサイドを刈り上げた髪型をしていても、琴稲妻のような髪型だったらアンバランスさしか感じないと思う。

そもそも、若くられるというのは30代が20代に、40代が30代に、50代が40代にという世代超えを起こすインパクトがあることが前提だ。2、3歳若く見えたところで何のサプライズにもならない。

特に髪型は重要な部分、私世代の悩みの筆頭は髪の毛が薄くなっていくこと。この人類最大の悩みと言っていい薄毛問題を解決してくれる救世主はいつ現れるのだろう。

私も20代の頃に比べれば、確実に毛量は減ってきてはいるものの今のところは何とかなっている。高校・大学時代めちゃくちゃ格好良かった奴が、今じゃ見る影もない状態になっている原因の一つもこの薄毛が大きい。

でも、男の渋さが表れるのもこの薄毛にあり。坊主頭が似合う男性は、まだマシで私なんか面長だから坊主にしたら偉いことになる。

本当に効果のある発毛剤を2年以内に開発してほしいものだ。

おしゃれ

お腹が出てるかでてないかでも外見は大きく変わる。腹回りが見た目に与える影響は大きい。私はうまくカバーできてると思うが、たまに『結構お腹出てるんですね。』なんて言われてしまう。

ちょっとの気の緩みで腹回りの太さがバレてしまう。ただ、私のような小デブ野郎でも若く見られる男性こそ、おしゃれがもたらす大きなメリットの部分なんだ。

体型の崩れを何とかおしゃれで誤魔化す。それが通用しなくなってきたため、再度体づくりをすることになったわけだが・・・

体型

体型が変わらない奴は本当に羨ましい。いつまでも若々しく見えるのは確かだし、その体型を何故維持できるのか不思議でしょうがない。

単純に私のような不摂生な生活をしていないからか、いつまでも太らずに若い頃の体型を維持している人が周りには多い。

そんな奴は明らかに実年齢よりも若く、毎日の仕事も辛いなりに謳歌しているようにも思える。35歳を過ぎてから急激に太った私だから言えることは、そのくらいから少しでも運動を取り入れること。

体型が与える外見への影響は非常に大きい。

思考

若く見える人の特徴として、一番大きな要素だと思うのは結局思考によるところなんだろう。これがゆるぎない結論だ。

いくらおしゃれをしようが、スポーツをしようが単純に若く見えるだけの男はつまらない。そう、それだけではツマラナイ男なのだよ。

だから40代になって、『若いですよね』の言葉に含まれる要素として、我々がその奥にある本音を汲み取っておかないといけない。

単純に若いと言われるのは『幼い』という意味にも捉える事が出来るため、その意味合いに使われてる際には要注意だ。

悪く言えばあなたのことを軽く扱ってるのかもしれないしね。

その部分をきちんと理解している上で、バカを演じられる男が私は好きだ。単純に若く見えるだけでは面白みも何にもない。

まとめ

若く見える人の特徴を考えてみた。

いくら若く見えると言っても、実年齢より10歳が限界だと思う。これ以上になるともはや、ヤバイことでもしてるんじゃないかと疑ってしまう。

単純に若く見えるだけでは面白みもないし、若く見えなくても落ち込んだりしなくて良い。結局、男に大事なのは経験と思考回数。

若く見えることが男の大事なところではなく、あくまで初対面時の社交辞令的に使う言葉だと理解しておくことが重要だ。

調子に乗って本気にすると、後で痛い目に遭うのは結局自分なのだから・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする