スポンサーリンク

ファッションマスターはセールで買わず?ゴミの中に宝はない

ファッションにセールはつきもの。

誰だって一度や二度はセールに行ったことがあると思う。

基本的にセール時期は大きく分けて2回、夏と冬に大型のセール期間が設けられる。この時期は季節ものの売り切りに入るため、大幅にディスカウントされるものが多い。

・夏 7月

・冬 12月

ファッション業界は、このセール時期に在庫を残さないようにいかに売り切れるかが重要になる。我々消費者の観点から見ても、有効に活用しない手はない。

ただ、漫然とセールに行っても収穫は薄く単純に疲れ果てて終了、もしくは欲しいものとは無縁のものを意味もなく買ってしまう恐れがある。

両者の思惑がひしめく中、どう動けばセールを有効活用できるかに絞って話を進めていこう。

スポンサーリンク

セールで買ったものは着ない

私個人の観点から過去20年以上に及ぶセール期間中に買ったもので、収穫があったものを記憶の中から辿ってみた。

ファッションに目覚めてから20年ちょい、いくら記憶を辿ってもそれほど収穫があった試しがないということに気付く。

なぜ、セールで買ったものはことごとく外れてしまうのか?

ディスカウント率という妄想

『50%OFF』

こんな札がそこかしこに見られる店内、この状況で冷静でいられる人間がどれだけいるだろう。アドレナリンは過剰に分泌され、意味もなく足取りが早くなる。

誰と競っているのかすら不明なまま、混雑する店内を誰よりも小走りで歩を進める。目的のアイテムが展示されているコーナーへ向かっているのか、それすら不明な状態で気持ちばかりが焦っている自分に気付く。

『損をしたくない』

自分の心の奥底には、こんな感情が湧き上がっているんではないだろうか?別に何も買ってないんだから損なんてしないんだけど・・・

セールにはそう思わせる要素がいくつもある。ファッション界の大御所である、大手セレクトショップや、百貨店、専門店には長蛇の列ができる。

あなたは目的を達成すべく、ベクトルは自分にしか向いていない。

「せっかくセールに来たんだから何か収穫を得ないと意味がない」

自分が欲しいものがセールに掛かっているのであればまだ良しとして、もはや『買う』行為に意味を見出してしまうことが恐ろしい。

この異常な雰囲気に呑まれてしまうと冷静さを失い、買う必要のないものを買ってしまうことになる。

時間

一店舗だけに絞ってセールに参加するならまだ良いが、これが複数店舗を股にかけた場合、緊急性はさらに高まり、結果として自分を苦しめることになる。

圧倒的に時間がないのだ。

一店舗目で良いアイテムが見つかった際に、あなたは一瞬で判断しなければならない。本当はアウター1着を買う予定だったのに、まったく別の良いものが見つかってしまった。

「どうしよう・・・次のお店が本命なのに」

一人じゃなく友人と買い物に行くとしたら、自分の希望のお店を先に見れるとは限らない。思ってもみないアイテムを見つけてしまった瞬間の高揚感。

値札にはディスカウントされた金額が表示され、この金額で買えるのは今だけだ。

選択肢は2つ。

ここで思いがけず見つけた商品を買うか、2店舗目の目的に沿ったアイテムに賭けるか。時間は残酷なもので止まってはくれない。

限られた短時間で自分の意図に合致するアイテムを手に入れることは、かなりハードルの高い作業なのだ。

サイズ

欲しいものが見つかった、ディスカウント率も想像以上、でも自分に合うサイズじゃない・・・

こんな時に買い物に失敗する。確実に誘惑に負けてしまう自分の存在に気づくのだ。注意しなければいけないのは、自分の心の声に惑わされないこと。

『1サイズ違うくらいなら着こなせる』『ちょっと大きめの方が合わせやすい』

人間の心は、こんな時に限って自分の都合の良いように解釈を与える。欲しい気持ちを後押しするかのように、悪魔が囁くのだ。

この悪魔の声を聞いてしまうと、間違いなく買い物に失敗する。セールの魔力はいたるところに潜んでいるので、確固たる自分の意思を持つことが重要だ。

スポンサーリンク

セールを有効に活用する

ファッションを志すものであれば、選択の連続になる。セールの悪い側面からまず話をさせていただき、自分の陥る心理状態を分かった上でセール会場に向かおう。

ここからはセールを有効に活用するためのポイントをお伝えする。

定番品はディスカウント対象にならない

これはもはや定説だが、定番で人気の高いアイテムについてはディスカウント対象から外されることが多い。

セレクトショップオリジナルではなく、仕入商品の中でもプロパーで売れていくものはディスカウントする必要がないからね。

基本的に最小サイズか最大サイズが売れ残るため、この辺は大幅なディスカウントを見込めるが、一般サイズはセールになる可能性は低いと考えておこう。

狙い目は靴とベルト

人によるが、私はセール時期に狙いを定めているものがいくつかある。

それが靴とベルトだ。靴にはこだわりが強いため、比較的高額なアイテムを買う頻度が高い私にとって、セール時期は格好の仕入れ時。

この時期に購入することによって、かなり割安で手に入れることができる。ベルトも普段は優先順位が低い分、服は見ずに小物や靴に投資するのが有効だと感じるのだ。

もちろん、お店やブランドによってはディスカウントの対象にならないことも多いため、事前に把握しておくことをおすすめする。

なので一人二人仲の良いスタッフがいるのは心強いものなのだ。

来年のものを買う

来年を見越して最終爆安期間にゆっくり見て回るのも一つの手だ。ほとんどハイエナが食べ尽くしてしまった後だが、その中でもたまーに着られそうなものが残っている。

冬の時期であれば、1月末に翌年のコートを買う。しかも普段絶対に手が出せない、相当高い金額のものを中心に見ていく。たまに破格の60%以上の割引率で買うことができるから。

大体メルトンのコートなんて、それほど形に大きな変化があるものでもない。

少しハイプライスなものに絞って、残ったものから見つけるのも楽しみの一つ。私が買ったチェスターコートも破格の60%オフだった。

絶対普段だったら買わないが、たまたまサイズが1着だけ残っており翌年を考えて購入しておいた。かれこれ5年目になるが、定番の形なので今でも着用することができている。

まとめ

ファッションにセールは付きものとはいえ、無駄にお金を失ってはいけない。

そもそも、セールを見越して販売価格を決めているように感じるのは私だけでは無いはずだ。値下がり率で商品を見てしまうと、お得感を感じてしまうが、その感覚自体が錯覚だったと目を覚まそう。

基本的に人気のある物はセール時期まで残ってることは少ない。あっても、規格外のサイズに集中してしまう。

もっとあなたの時間を有効な活動に回したほうが良い。お金のない時期の学生さんであれば話は別だが、大人になったメンズがセールで買うのもどうかと思う。

私は学生でも、大人でもないからセールはたまに行くけどね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする