スポンサーリンク

PUMAのバスケットって?ひとクセある『柄物』がおすすめ

この記事は約 8 分で読めます。

 

PUMAのバスケットを買ってみた。

最近スニーカーばかり増えてしまった感は否めない。

 

でも、好きだから買うのを止められない。

 

PUMAのバスケットはスエードと並び、プーマを代表する2大コートシューズのひとつ。

大元を辿れば、バスケットボールのレフェリーが履くための靴として世に出たもの。

 

1980年代ヒップホップシーンにおける、ファッションアイコンであり、今ではスタンダードなローテクスニーカーを代表するモデルとなった。

 

日本ではナイキ・アディダス人気の方が高いので、ひょっとしたら少しマイナーな感があるかもしれない。

マイナー感があるからこそ、おしゃれを自負する人間としては差異化要素になるわけだが。

 

ということで、本日はPUMAの代表的なスニーカー『バスケット』を紹介しよう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUMAスニーカーの代表モデル『バスケット』を語る

 

「またスニーカーなんか買ってきて、どこに置くの?」

 

何足もスニーカーを買い足していく私に、さすがにかみさんも呆れ果てた様子。

自分のシューズラックに収まらないスニーカーが、ついにかみさんの領域にまで侵食してしまったことが怒りの源泉。

 

平謝りするものの、まったく許してもらえそうにない。

仕方がないので、アウターを一着プレゼントすることで事なきを得た。

 

とはいえ、財源も底を尽きかけている今、今期自分のアウターに出せるお金はもう残っていない・・・

 

話が反れたので元に戻そうか。

 

PUMAバスケットとスエードの違い

 

PUMAを代表するスニーカーとして、

数年前からジワジワと人気が出だしたのがスエードだと感じている。

 

一般的にスエードもバスケットも、同じものとして捉えている人もいるだろう。

 

両者の明確な違いは、アッパーの素材がレザーかスエードかの違いしかない。

 

アッパーがレザーのものはバスケットであり、スエードのものはスエードという至って簡単な区別でしかないわけだ。

これには理由があって、発売当初『スエード』というネームは付いていなかった。

 

巷でブームになってからスエードと呼ばれるようになり、それがそのままプロダクトネームになってしまった。

PUMAのバスケット、スエードともにシンプルなデザインだったことが、後世これだけ人気が継続している大きなポイントなんだろう。

 

バスケットシューズではない

 

PUMAバスケットは正確にはバスケットシューズではない。

一般的な「バッシュー」をイメージすると、画像を見てキョトンとすることになるだろう。

 

あくまでバスケットコートでレフリーが履くことを目的としたシューズ。

プレイヤーが履くシューズとしては、少し心許ない感は否めない。

 

実際に画像も見ずに購入する人はいないと思うが、念のためにお伝えしておくことにした。

スポンサーリンク

スタンダードだからこそワンポイント

 

今回PUMAのバスケットを購入したポイントは、

シンプルかつ大胆なデザインに目を惹かれてのこと。

 

PUMAバスケットと似たスニーカーとしては、

アディダスのスタンスミスが近いと感じているが、さすがに巷に溢れ過ぎている。

 

普通にレザーのバスケットでも良かったのかもしれないが、アッパーがパイソン柄だったのが選定のポイントだった。

素材が変わっただけで、普通のPUMAバスケットとは大分雰囲気が変わってくる。

 

たまに履くなら、こんなデザインのスニーカーも有りなんじゃないでしょうか。

 

PUMAバスケットはサイズ小さめ

 

PUMAのバスケットは、他のスニーカーと比較して気持ち小さめのサイズ感。

 

正確に言うと、

幅が狭いためよりそのように感じてしまうのかもしれない。

 

大分細身なスニーカーなので、甲高で幅広な人はワンサイズアップでも厳しいかもしれない。

これはPUMAのスニーカー全般に言えることかもしれないけどね。

 

なので初めてPUMAスニーカーを買う人は、

確実に試し履きしてから買うことをおすすめしよう。

 

PUMAバスケットのまとめ

 

PUMAをバスケットはシンプルで、

どんな服装にも合わせやすいクラシックなスニーカーだ。

 

なので、よほど奇抜な格好でない限り、あなたの格好にハマらないということはない。

デザインが好みであれば是非取り入れてみてほしい。

 

ナイキやアディダスにはない魅力がPUMAにはある。

 

それが何なのかを説明するのは難しいのだが、いち早くファッションシーンに取り入れられたのがPUMAという事実が証明している。

 

欧州トップメゾンの一つであるジルサンダーとのコラボレーションを皮切りに、

アレキサンダーマックイーン、

ニールバレット、

ミハラヤスヒロ等、

立て続けにPUMAスニーカーを採用している。

 

最近ではロンハーマン等とのコラボもあり、おしゃれな奴こそPUMAを取り入れるみたいなところもある。

今回紹介したPUMAバスケットは、そんな先鋭的なファッションシーンで輝くようなものではないが、いつまでも履き続けることができるスタンダードなデザイン。

 

巷でそれほど流行っておらず、シンプルで飽きのこない定番スニーカーを探す人にはおすすめできる一足になるだろう。

 

シンプルならVANSも候補

シンプルなスニーカー候補を挙げてみると、

王道すぎるコンバースを除けばVANSが今の流行にも合致している。

 

オールドスクールあたりがおすすめなので、記事がまとまったら改めて紹介させていただこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューズ
クロース大佐をフォローする
~アクティビスタ~自分を変える最も簡単な方法はイメチェン