スポンサーリンク

Leeのストームライダー|タイトなサイズ感で暖かいアウター

この記事は約 8 分で読めます。

 

Leeのストームライダーが最高!

 

何が最高かって?

それはタイトなサイズ感のアウターなのに、極暖だということ。

 

冬のアウターと言えば、ダウンジャケットに代表されるように防寒性を憂慮する分、モコモコ感が避けられない。

Leeのストームライダーは内側にボアを取り入れているため暖かく、それでいてタイトなシルエットにアップグレードされている。

 

これ一枚でもそれなりに暖かく、1月・2月を除けば十分活躍できる。

Leeのストームライダーについて、手持ちアイテムを紹介しつつ話をさせていただこう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Leeのストームライダーを着こなす

Leeのストームライダーとは?

 

Leeのストームライダーはデニム生地のもの、私が所有するコーデュロイタイプのものが主流となる。

 

特徴は、ひとことで言うと『Gジャンにボアを付けたもの』

以上。

 

タイトなデザインが主流ということもあってか、各セレクトショップも別注をかけ細身に仕上げているものが多い。

 

Lee以外にも、Levi’sやWranglerなどを含めた3大ワークウェアブランドのものが最も有名。

 

Gジャンの裏地にボアが付いたもの

 

この認識で間違いないだろう。

 

Leeのストームライダーは暖かい?

 

いくらなんでも、Leeのストームライダー1枚で冬を過ごすのは不可能なんじゃないの?

 

これには私も同意見、とてもじゃないが1月・2月の真冬の時期を乗り越えるほどの防寒性能は持ち合わせていない。

着ることができる季節としては、冬間近の11月から12月と3月の3ヶ月が一番メインで行ける時期。

 

4月にボアジャケットは暑苦しいだろうし、10月もまだ早い気がする。

年間3ヶ月の使用期間を価格で割って、納得感があるかが購買時のポイントになる。

 

 

内側のボディにはボアが使われているが、袖に使われているのはキルティング素材。

なので、ボアほどではないにせよ温かさは確保できる。

 

腕を通した際の滑りの良さを考慮して、ボアではなくキルティングを採用しているんだろうね。

 

デザインだけではなく、着るときを考えて作られているのは嬉しいポイント。

ボアではなくても、裏地が付いているので通常のデニムジャケットより暖かいのは言うまでもない。

スポンサーリンク

シルエットはタイト目

 

最近はボアジャケット自体が人気ということもあり、各セレクトショップより別注のものが数多く出回っている。

基本的に白いボアのものが多い中、購入当時にAMERICAN RAG CIEのモデルだけ黒ボアだったことがポイントだった。

 

ラグシー別注ということもあり、シルエットはデフォルトのモデルよりもタイト目に作られている。

ナノ・ユニバース別注品なども同様、インナーに何を合わせるかを事前に想定して試着するのがベストだね。

 

Leeストームライダーのサイズ感

 

ボアが黒いモデルは、若干見た目が重たい。

サイズはSを着用しているが、インナーに厚手のもを合わせるとフロントが閉まらない。

 

なので、インナーは薄手のロンTやシャツ、薄手のニットなんかがベストなコーディネート。

 

めちゃタイトというよりは、アクティビスタが提唱するジャストサイズに近い感じ。

172cm/67kgの私は、Tシャツで羽織ると脇辺りに少しテンションを感じる。

 

一つサイズを上げてしまうと、着丈と肩幅に影響がでるため購入する意味がなくなる。

Leeのスチームライダーは、年代やお店の別注を含めると膨大なモデル数になる。

 

そのため、見た目は似たようなものなんだけど、着心地がアイテムによって変わってしまうのだ。

 

Leeのストームライダーは合わせやすい

 

Leeのストームライダーは、合わせやすい。

あまり年代を考えずに着ることができるアイテムということも大きい。

 

それは内側にボアを施していることが、大きな理由なんだと思う。

個人的にはデニム素材のものよりも、冬らしくコーデュロイ素材のものが好み。

 

スニーカーに合わせるというよりは、ブーツで男らしいコーデにまとめた方が雰囲気が出るように思う。

 

ストームライダーの偽物は?

 

Leeのストームライダーに偽物はあるんか?

これははっきり言って無いでしょうね。

 

だって去年のように大きく需要が伸びるのはたまたまで、毎年これが続く訳でもない。

価格帯もそれほど高価な訳でもないし、作ったところで利益は低い。

 

だから、結果として偽物なんて作っても意味がないということになる。

 

まとめ

 

Leeのストームライダーについて、私が思うことを書いてみた。

極暖ではあるものの、真冬の時期にメインアウターとして着ることは難しい。

 

見た目が冬仕様なだけに、春先に着るのは暑苦しいため年間通して着こなせる時期は限られる。

それでも、比較的低価格帯のアウターだということと、毎年着ることができる定番のデザインというのはポイントとして大きい。

 

タイトな冬仕様のアウターを探している人には、ピッタリなアイテムということに変わりはないのだ。

 

ボアマウンテンパーカーが気になる人は?

Leeのストームライダーとはちょっとデザイン的に違うんだけど、ボアマウンテンパーカーも定番のアイテムとして人気が高い。

最近人気のフリークスストアオリジナルモデルについて、詳細にレビューしている。

 

ボアマウンテンパーカーを検討しているメンズについては、以下記事が参考になるだろう。

⇒ ボアマウンテンパーカーのレビュー|フリークスストアは買い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップス
クロース大佐をフォローする
~アクティビスタ~自分を変える最も簡単な方法はイメチェン