スポンサーリンク

スウェットの高級ブランド|日本製最高品質はループウィラー

この記事は約 7 分で読めます。

 

スウェットブランドで『高級品』と呼べる品質を満たしているのは、間違いなくループウィラーだと思う。

 

私はこの手のスウェット類、要はリラックスウェアが好きなので様々なブランドの物を買っている。

その中でもループウィラーは、スウェットブランドの中でも群を抜いた作りの良さだと感じた。

 

今回はスウェットブランドの代表として、高級感・高品質なジャパンメイドブランドのループウィラーを紹介する。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スウェットのくせに高価格、触れてみて分かる品質の高さ

 

ループウィラーのスウェットは、一見するとごく普通のシンプルなもの。

 

何の変哲もないスウェットに15,000円というのは、普通の人だったら支払うことのない金額だと思う。

今回紹介するループウィラーは、触った手触りや着たときの着心地の良さを確実に実感できるブランドだ。

 

なので、スウェットとしては高級ブランドの位置づけに入る。

 

『LoopWeeler』の意味は吊り編み機

 

ループウィーラーの意味は吊り編み機。

世界中を探しても、この吊り編み機で編めるのは日本の和歌山県のみ。

 

アメリカでは、もう吊り編み機は存在しない。

日本でしか生み出せない独自の生産手法となってしまった。

 

吊り編み機の良さは、その独特の風合いにある。

1時間あたり1mの生地しか編むことができない吊り編み機は、はっきり言って非効率極まりない。

 

非効率極まりないのだが、それがブランドの中核価値を成している。

 

ループウィラーのスウェット詳細

 

商品型番:LW250(ラグランタイプ)

市場価格:15,120円(税込)

サイズ:S

採寸:着丈62x身幅46

ガゼット:フロントのみ

素材:コットン100%

製造国:日本

 

LW250とLW01の違い

 

ループウィラーの定番スウェットとしては、2種類が存在する。

・LW250

筆者のもので袖がラグランタイプとなっており、生地感はLW01と比較すると薄手のもの。

・LW01

LW250と比較すると丸胴タイプで、生地感も少し厚手になる。

V字ガゼットはフロントだけではなく、裏面にも配置されてるのが大きな違い。

 

ループウィラーのモデルは他にも多数存在するが、売れ筋のモデルというとこの2種類になるということもあり違いをお伝えしておくことにした。

 

世界でも5本の指に入るスウェットブランド

 

ループウィラーは、世界でも5本の指に入るスウェットブランドだと確信している。

ガッチリ体型の私にとってSサイズは、相当タイトなサイズ感であるものの着心地の良さは失われていない。

 

タイトめにスウェットをコーディネートしたい人にとって、サイズ感が一番難しいところだと思う。

Mサイズにすると、身幅は余裕がでるものの着丈が長くなるので理想のシルエットにはならない。

 

この縦横の比率がスウェットを着たときの見た目を決めるわけだが、私個人としては許容範囲内に収まっていると思っている。

タイトなサイズ感でも着心地が損なわれないところに、ループウィラーがスウェットの王様たる所以が隠されている。

スポンサーリンク

ループウィラーLW250のサイズ感

 

ループウィラーを着用した私が感じたのは、肌なじみの良さが抜群に良いこと。

かなりタイトなフィット感になるため、ここのサイズ感については人によってはもう1サイズ上げる判断をするだろう。

 

それは着る人の価値観によって変わってくるところなので、私と同様の着用感を薦めることはしない。

でも、今までのスウェットのような少しゆるい着こなしではなく、ジャケットなんかを合わせたい大人のメンズにはループウィラーはおすすめできる。

 

着た感じのサイズ感、着心地ともに文句の付けようがない。

ここまで素晴らしいスウェットならば、15,000円はそれほど高いと感じないと思う。

 

遊び心を感じさせるブランドタグ

 

ループウィラーのスウェットは、大人の遊び心を感じさせる配慮がされている。

袖口に取り付けられたブランド名を示す『ループウィラー』のカタカナタグが、良い意味で気の抜けた感じにまとめたのがスウェットを取り扱うブランドだけはある。

 

スウェットの最大の中核価値は、リラックスウェアということに変わりはない。

 

 

スウェットの背面には『LW』のロゴがプリントされている。

これが一目でループウィラーの商品だと分かるポイントになるわけだが、シンプルなデザインだけにこのワンポイントが良かったりするわけだ。

 

まとめ

 

極上の手触りを是非体感していただきたい。

スウェットブランドの中でも、ここまで上質な質感のものは存在しないんじゃないかな。

 

『シルキータッチ』という言葉で表現できる質感だと思っている。

スウェットでここまで繊細なアイテムを私は見たことがない。

 

この繊細な風合いが実現できるのは、ブランド名の元になった吊り編み機を使っているから。

非効率ではあるが、それが極上の手触りと着心地の良さをもたらしてくれる。

 

高級スウェットブランドのループウィラー。

一度着用したら、その着心地の良さに病みつきになるのは間違いないだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップス
クロース大佐をフォローする
~アクティビスタ~自分を変える最も簡単な方法はイメチェン