スポンサーリンク

服をレンタルするメンズ|リープのジャケパンプランを体験!

この記事は約 14 分で読めます。

 

服をレンタルするメンズの気持ちを考えてみた。

 

私がメンズファッションに興味を持ち始めた際に、一番ネックになってたのはおしゃれなお店に行くことだった。

 

何がおしゃれなのかも分からず、かつダサい服のままおしゃれなお店に行く勇気が中々持てなかった。

でも、服のレンタルサービスを利用すれば、メンズのそんな悩みも解消するはず。

 

以前、服のレンタルサービスで『leeap(リープ)』を紹介したことがあったね。

今回は実際に私がメンズ服のレンタルサービス『leeap』を体感し、その内容をアクティビスタ読者にフィードバックしようと考えた。

 

話が長くなってしまうので、結論から話しを進めるとすればジャケパンプランを試した結果、これはこれで有りだなとも思う。

 

ただし、ターゲットと期間設定の上でのことだけど・・・

以前の記事から読みたい方は、こちらからどうぞ。

服をレンタルする|メンズファッション初心者こそおすすめ?
服をレンタルする?私はそんなサービスが存在すること自体、いままで知らなかった。詳細を見るうちに、メンズファッションを考える上で良くできたビジネスモデルだと感じた。服をレンタルすることを考えたうえで、特に初心者にとっては願ってもないサービス。私がそう感じた内容をお伝えする。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

服のレンタルを考えるメンズへ|leeapジャケパンプランをレビュー

今回leeap(リープ)を試すに至った理由が明確に存在した。

それは、娘の学校行事があったのでキレイ目の格好が必要になったこと。

もう一つが、家にあるスーツやジャケットが、太ってしまったせいで着ることができないということ。

 

この2点があったので、新規に購入することも考えたのだがこの日に着るためだけに新調するのもどうなのか?

そこで頭に浮かんだのが、服のメンズレンタルを試そうという発想だった。

 

以前紹介した手前、自分が調べただけの内容では不備があるかもしれないし、実際に利用したらてんで的外れな可能性もある。

なので、今回は実益も兼ねてleeap(リープ)の服レンタルサービスを試すことにした。

 

料金体系

 

今回利用するプランは、タイトルにもあるようにジャケパンプランになる。

カジュアルプランとは異なり、ジャケパンプランの月額利用料金は13,800円(税別)だ。

 

あくまで娘の学校行事に利用するためなので、利用期間は1ヶ月で考えている。

基本的に入会初回月はサイズ調整の意味も込めて、2回のコーディネート選定ができる。

 

学校行事は2週間後のため、まだ時間はあるし、それ以外でも活用できるから初回月だけ考えたら妥当な料金。

 

基本情報の入力

 

プランを選んだ後は、基本情報を入力するフォーム画面に切り替わる。

ここであなたはリープを利用して、どうなりたいかを項目の中から選ぶことになる。

 

私はカジュアルな着こなしは日々と変わらないため、自分のイメージを変えるというのを今回の命題とした。

項目は12個あるので、この中から近い内容のものを選んでくれ。

 

その後に、具体的な仕事内容や休日の過ごし方など簡単な内容の入力フォームが続く。

スタイリストは、この基礎内容を元にコーディネートを考えるのだと思われる。

 

 

自分のスタイルとして、普段履く靴についても項目として存在する。

靴は非常に重要なキーアイテムであるのだが、レンタルには向かないため利用者のワードローブにあるものに合わせる形だ。

 

シューズでこれと言ったものを持ってない方は、その旨を伝えておすすめを募るのも良いかもしれない。

初回コーデ到着時に、その着こなしにマッチする靴を教えてもらおう。

 

 

持ってる服の色系統、現時点のあなたの体型についてを入力していく。

ここまで終われば後は最終登録画面に切り替わる。

 

プランはジャケパンプラン、なんとなく久しぶりにわくわくする感情を味わった。

人に服を選んでもらうことなんて、こどもの時以来のこと。

 

このワクワク感は、洋服に興味を持ったばかりの時と同じ?

普段の買い物とは違う、別の新鮮な感覚を味わうことができた。

 

スタイリストへ連絡

 

最終登録前に私の担当スタイリストが確定した。

 

まずはLINE登録が済ませ、初回メッセージを送る。その返信としては2種類の提案をいただいた。

 

①落ち着いたカラーや柄を取り入れた使いやすいキレイ目コーデ

②明るめのカラーや大きめのシルエットなどを取り入れた少し遊び心のあるコーデ

 

迷わず①を選び、初回コーディネートが届くのを待つことになった。

 

初回コーディネート到着

 

メッセージを送付してから3営業日以内に届いた。

荷物の配送リードタイムを心配していたが、杞憂に終わった。

 

ダンボールの大きさは結構大きい。厚みはないのだが横幅が結構取られたもので、これは洋服にシワが付かないよう配慮されているんだろう。

 

まずは初回のコーディネートはどんな感じなのか?

 

 

ジャケパンの着こなし方の提案が2種類されていた。

基本的にはテーラードジャケットとパンツは同様で、シャツの柄が変わる2パターン。

 

ちなみに気に入ったコーディネートはそのまま購入することも可能だ。

市場実勢売価の30%オフの価格で購入することができる。

 

着こなし方については、スタイリストからひと言添えられている感じ。

 

 

コーディネートとしては、柄とカラーの異なるシャツが2枚、これに綺麗めのベージュパンツとテーラードジャケットが入っている。

 

ストライプの色も、細かいチェック柄も自分ではあまり選ばないものだけに非常に新鮮だった。

初回のコーディネートとしては、提案①の内容に合致しているし。

 

 

きれいにセンタープレスのされたベージュのパンツ。

結構明るめのカラーだったので、デブな自分に似合うか少し微妙な気がした。こればかりは履いてみないと分からない。

 

とはいえ、久しぶりにセンタープレスの入ったパンツを履く。

少し、気持ちが引き締まる感じがしたね。

 

 

さっそく足を通してみることにした。

わたり幅や裾幅に問題は無かったが、ウエストトップのホックが閉まらない。テングで留めることはできたが、たるみが出来て不格好。

 

いきなりサイズが合わないのはテンションが下がる。

とはいえ、洋服は平置きのサイズだけでは分からない部分が多いのも事実。とはいえ、サービス継続の意思決定を下す最も重要な部分だけに、ここが肝なんだけどな。

 

 

黒のテーラードジャケットは良い意味で期待を裏切られた。

羽織った感じも、デザインもどちらも自分では選ぶものではないが気に入ってしまった。

 

ビームスのオリジナルで、ファブリックは日本製のもの。

ややタイトなサイジングだったため、フロントのボタンが閉まらない・・・

 

服をレンタルする前から想定はしていたが、メンズが利用するに当たりサイズ面の問題をどうクリアするかが永遠の課題だろう。

スポンサーリンク

初回コーディネートのフィードバック

 

初回コーディネートの感想をスタイリストヘフィードバックする。

今回は届いたコーディネートのうち

 

シャツ1枚、テーラードジャケット、ベージュスラックス

 

はサイズが合わなかった。

テーラードジャケットは、フロントボタンが閉まらないまでもデザインが気に入っていたのでこのままでも良かった。

 

とはいえ、体型データは渡しているわけでもう少し精度を上げないと利用するのは難しいかな。

結局体型データを送っても、洋服の詳細なデータが管理されているとも思えないのであまり意味がないようにも感じる。

 

スタイリストへ要望

 

・サイズが合わなかったのはどの部分なのか?

・色味は自分の好みに合ったものだったのか?

・好みのカラーやシルエットを伝える

・具体的な製品名にまで落とせる場合は要望を伝える

 

今回はスタイリストヘ初回コーディネートのフィードバックとともに、要望を上げておくことにした。

 

・シャツは薄いブルー系のものを入れてほしいこと

・ジャケットはチャコールグレー系のもの

・パンツはスラックスタイプよりも5ポケット

 

このまま2回目も任せようとも思ったが、参観日にサイズが合わないなどが嫌だったため指定させてもらった。

 

2回目のコーディネートが到着

 

服のレンタル2回目、今回のコーディネートで上手くまとめたいところ。

こちらの要望は叶えられるのだろうか?

 

担当スタイリストの話では、在庫状況に問題なければこちらの意向を反映することも出来るとのこと。

失敗のできない2回目のコーディネートが入ったダンボールを開封することにした。

 

 

今回は、ある程度こちらの意向を汲んでくれたコーディネート内容となっていた。

グレーのウールテーラードジャケットに、ネイビーの5ポケットパンツ。

 

シャツも薄手のブルーのものを1枚用意してもらった。もう一枚のストライプ柄のシャツについては、1回目のコーディネートとまったく同様のもの。

 

サイズが合えば今週の授業参観日には間に合いそう。

 

 

ラペル幅が少し広めのスタンダードなウールジャケット。

作りはしっかりしているもので、安っぽい感じはまったくしない。

 

羽織った感じはピッタリのサイズ感だった。

これで参観日に着ていくメインのアイテムは揃えられたわけだ。

 

ブルーのシャツも問題なく着ることができたので、後残すはパンツの存在だけ。

 

 

少し薄手のコットン生地を使ったネイビーの5ポケットパンツ。

ナノ・ユニバースのオリジナルのものでウエスト周りは問題なく入るものの、足の細さとのバランスが合わなかった。

 

私のような腹は出ているのに足が細い、みたいな体型に合わせるパンツを選ぶのは本当に難しい。

 

これは既製服で探すのも難しいのに、試着なしで服のレンタルで合わせるのは至難の業だ。

自分の気に入ったシルエットを手に入れたいと考えたときに、服のレンタルサービスだけで解決することは無いと悟った。

 

まとめ

 

結局娘の参観日には、インコテックスのチノで行くことになった。

 

今回の服のレンタルサービスを評価するならば、メンズへのおすすめ度は・・・

 

イベント等がある月の1ヶ月だけ利用する。

 

継続利用するのは難しい。スタイリストの意味合いもあまり感じなかったし、何よりもパンツを合わせるのが難しすぎる。

体型によっては問題ないのかもしれないが、やはり自分が気にいるサイズを選べるようになるには、それなりの経験が必要だ。

 

・服を買いに行く服がないメンズ

・何を選ぶのがベストなのか分からないメンズ

・イベント毎がある普段はカジュアルスタイルのお父さん

 

この辺が服のレンタルを利用してメリットを感じるメンズなんだと思う。

なので、一ヶ月と割り切ってサービスを利用する。

 

何ヶ月もの間利用するのは難しいような気がした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
似合うスタイル探し
クロース大佐をフォローする
~アクティビスタ~自分を変える最も簡単な方法はイメチェン