ジーンズに合う革靴|大人の着こなしにハマる色と素材はこれ

この記事は約 7 分で読めます。

 

ジーンズと革靴。

 

一見、合わないと感じる人もいるのではないだろうか?

正解でもあり、不正解でもある。

 

要は『デニムと革靴の相性は素材と色によって決まってくる』ことを覚えておこう。

ここがすべてであり、合わせるアイテムの傾向だけ外さなければ、大人っぽさを簡単に手に入れることができる。

 

ジーンズと革靴を上手にコーディネートするための、ある種法則について話をさせていただこう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジーンズに合わせる革靴には法則がある

むやみやたらにデニムに革靴を合わせたところで、格好良い着こなしができるわけではない。

革靴と言っても、種類は何十にもなりジーンズに合わないタイプも多いから。

 

ジーンズが映える革靴の組み合わせを考えたときに、私が思う重要なポイントについてまとめてみた。

 

ドレスシューズ

ブラック、ブラウンを主体としたドレスシューズは、基本的にスーツの足元を固めるアイテムという印象が強いだろう。

 

スーツでコーディネートする革靴をジーンズに合わせるなんてナンセンス!

 

無意識にそんなことを思っている人も多いはずだ。ストレートチップやメダリオンを施した革靴でも、ジーンズとコーデはできる。

その際に注意が必要なのは、デニムの素材。

 

このときに合わせるデニムは無条件でリジットデニムになる。

 

リジットデニムとは、未洗の糊付けされたバリバリの穿き心地のジーンズを指す言葉。シルエットはタイトなものの方が合わせやすい。

以前にAPCのリジットデニムを紹介したことがあるが、相性は抜群に良い。

 

まずジーンズに革靴を合わせるのであれば、リジットデニムを第一に揃えておこう。

リジットデニムの代表格であるAPCのジーンズは、以下記事でまとめているので参考にしていただきたい。

⇒ リジットデニムのおすすめは?クオリティ最高クラスのAPC

 

ホワイトデニムにはスエード革靴

ホワイトデニムに革靴を合わせる場合はどうしようか?

この場合に注意が必要なのは、黒の革靴だとパンツとシューズの濃淡がはっきりとし過ぎてしまうこと。

 

ファッションはバランスが重要なので、ホワイトデニムに合わせる革靴はスエードを持ってくることを推奨する。

スエードであれば黒でも茶でも構わない。

 

革靴が合わせづらいと感じてしまうポイントは、その革靴が持つ光沢にある。

ツヤツヤした光沢の強いものにジーンズを合わせると、かなりの確率でコーデがちぐはぐになってしまうんだ。

 

なので、光沢感のないスエードを合わせることで不思議と違和感が解消される。

今では夏だけではなく、冬場にも使われるようになったホワイトデニム。スエード素材を組み合わせておしゃれさに磨きをかけよう。

スポンサーリンク

ローファー

ローファーは紐のない、脱ぎ履きが極めて容易にできるシューズのこと。

モカシンやビットローファー、タッセル、オペラシューズなんかもこの括りでまとめることにした。

 

この辺の革靴とジーンズの相性はすこぶる良い。シンプルなローファーは合わせるパンツを選ばないわけだね。

後は穿き方の問題になるわけだが、こなれ感を演出するわけではないけどジーンズはロールアップした方が様になる傾向が強い。

 

さっきのホワイトデニムの件があったが、スエード靴を持ってない人もロールアップすることで解消されるケースもある。

なので、ローファーを一足持っておくと色々と便利に使えるわけだ。

 

モンクストラップは避ける

モンクストラップ、ダブルモンクはジーンズと合わせるのを避けた方が良い。

モンクストラップとは、金具で固定しているデザインのものを指すが、これはさすがにデニムとは合わない。

 

エレガントなイメージが強すぎるため、カジュアルな装いとはまったく合わないから。

ジーンズと合わせるのであれば、シンプルなものの方が効果的。装飾のない革靴の方が合わせやすいことは間違いないのだ。

 

よっぽどのおしゃれ上級者でない限り、この組み合わせは推奨しない。

 

プレーントウ・ウイングチップ

プレーントウやウイングチップシューズもジーンズとの相性は良い方だ。

その代り、ブラックを避けてブラウンを選んだほうが合わせやすいのでおすすめしておく。

 

個人的に黒い革靴はオヤジの教えが強すぎて、履く機会がほとんどない。そんな個人的なバックボーンから導き出された法則に則ると、茶色の方がカジュアル感が強い分合わせやすい。

トウの形状によってバランスしてほしい部分になるが、プレーントウやウイングチップは初めてジーンズに合わせる革靴としては最適。

 

お店で履き比べをしつつ、最適なものを選んでほしい。

 

まとめ

ジーンズに革靴を合わせる。

意外にしっくり来ることが分かると思う。大人のメンズは年中スニーカーというわけにもいかず、カジュアルシーンの中でもカッチリ感を求められることが多い。

 

そんなときにジーンズに合わせられる革靴があれば、簡単に回避することができ、おしゃれさも手に入れることができる。

スニーカーばかり履いてると、楽さに負けてコーデも単調になりがち。

 

たまにはデニムに革靴を合わせてみるのも、心境に変化を起こすキッカケになるのでおすすめだよ。

ほとんど自分に言い聞かせるためだけの記事でした・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューズ
クロース大佐をフォローする
~アクティビスタ~自分を変える最も簡単な方法はイメチェン