リネンシャツのコーデが男の夏を左右する!着こなしと選び方

リネンのシャツはコーデが簡単で、それなりに雰囲気がでるから良い。

そもそもリネンて何?みたいな人もいると思うけど、麻のことだからね。日本の夏は恐ろしくジメジメしてるので、リネン系のアイテムは欠かせないのだ。

こんな高温多湿な気候の日本に居るのに、リネンが大きく取り上げられることが少ないと感じるのは私だけではないはずだ。

麻素材の良さは通気性が抜群なうえ、吸水速湿性に優れているところ。

コットンやシルクに比べて何倍もの吸水性を保持しているので、肌に張り付く感じが少ないのが特徴と言える。

リネンシャツをどうコーデで使うのか、きちんとお伝えしていければと思う。

スポンサーリンク

リネンシャツが夏のメンズコーデでポイントになる

大げさな言い回しをしているが、リネンシャツの役割は本当に大きいんだよ。

地域にもよるんだろうけど、日本の夏は本当に暑いからどうしても実用性を重視する傾向になる。

「おしゃれは我慢」だと思っても、汗だくの姿は正直みっともなくもある。半袖Tシャツに短パン以外着たくないのが正直な意見として持ってるものだろう。

でも、ビジネスを中断することはできないし、いつもTシャツというわけにいかないのが大人というもの。

さらっと羽織れるリネンシャツは、使い勝手の良さで必須のアイテムなんだ。

いつものコットン生地のシャツと違い、リネンシャツが使いやすい理由をいくつか挙げて見る。

シワ感が許される

扱いが大変だというのでリネンシャツを避けるメンズも多いと思う。夏じゃないと着れないしコスパが悪い、そんな風に考えてるのかな?

麻は素材の特性上、アイロンをかけても簡単にシワが伸びるものではない。業務用のアイロンでピシっと仕上げたいメンズってどれだけいるんだろう?

ある程度のシワ感が許されるのが、リネンシャツをコーデに用いるメリットのひとつだと思う。だからピシッとしたジャケットと合わせるのは、あまりおすすめできない。

普通の状態でうっすらとシワが入ったようなデザインのものなので、あまり気を遣うことなく使えるのが大きなメリットだ。

Tシャツの上にさらっと羽織れる。扱ったら脱いでTシャツになれば良いだけだし。そのまま片手でくしゃっと持てるのがポイントなんだよ。

リネンシャツの着こなし

カーキパンツ

ここ数年のトレンドとして、カーキは日常使いで見かける頻度が増えたカラーだ。

シンプルにホワイトのリネンシャツにカーキのパンツを合わせるだけで、大人っぽい着こなしができてしまう。

カーキパンツの代表モデルといえば、カーゴパンツを思い起こす人がほとんどだと思うが、普通に5ポケットのものでもシックに合わせることができる。

足元にはブラウンの革靴を合わせて、アースカラーのカラーコーデで組み合わせて見るのも面白いと思う。

アースカラーはどの組み合わせでもコーディネートできるので、サックスブルーのリネンシャツだって良いのだ。着回しを考えても、かなり幅が広がることがわかるはずだ。

チノパン

ベージュのチノパンに白のリネンシャツ、もしくはネイビーやブルー系のリネンシャツを合わせる着こなしもスタンダード。

ホワイトとベージュの組み合わせに、足元はベージュのスリッポンなんかが大人っぽい着こなしと言える。全体的にライトなトーンで合わせることで、シンプルで夏らしいコーディネートができあがる。

足元はスリッポンかローファーを合わせることが、季節的に野暮ったくならない着こなしができるポイントだと思うよ。

スラックス

チャコールグレーのスラックスは、ビジネスでも使える定番のアイテム。これをカジュアルシーンでリネンシャツと合わせてコーディネートするのが良いね。

崩しがちになってしまう夏のコーデだからこそ、スラックスで清潔感のある着こなしをする。

普通のシャツを着るだけじゃただのビジネスマンになってしまうので、少しシワ感のあるリネンシャツをそれとなく羽織る感じだ。

足元には白のスニーカーを合わせて、さっぱりとした印象に仕上げる。

スポンサーリンク

ブルーデニム

デニムは定番の着こなしすぎるところではあるが、紹介しないわけにもいかないか。

夏に合わせるアイテムの中でも、リネンシャツはトータルで大人っぽさを与えることができるコーデ例だ。

デニム単体だとどうしてもやんちゃなイメージを持たれてしまうところに、白や紺のリネンシャツを無造作に着こなす。

適度にVゾーンを作ることで大人の色気を感じさせる着こなしができる。

肌は少し褐色の方が夏っぽくて良いのは言うまでもない。

タンクトップなど合わせることなく、リネンシャツ一枚だけでコーデする。その胸元からのぞく胸筋がセクシーさの源なのだ。

ホワイトデニム

ホワイトデニムにネイビーのリネンシャツも毎年鉄板のコーディネートの一つだ。

夏の着こなしを考えた場合に大人の男性はホワイトデニムを外してはいけない。これほど費用対効果がはっきりと表れるアイテムも少ないのだ。

最近は冬も見かける定番のアイテムというポジションを獲得したが、やはり最大級に活躍ができるシーズンは夏なのだ。

トレンドなもの、定番のものを含め、これほど着回しが楽なものもないと思う。

それでいて清潔感やさわやかな印象を醸し出せるのだから、本当に穴の少ないパンツだよ。

単純に膨張色なので、ある程度着る人を選ぶ部分はあるにせよ、ホワイトのテーラードジャケットのようなハードルの高さではない。

ショーツ

ショーツにリネンシャツを合わせることで、カジュアル感をうまくコントロールできる。

TPO的に娘・息子の運動会などは、季節的にショーツにリネンシャツというコーディネートのパパが増えるもんだ。

リネンの素材特性によるところと、簡単なのに効果が高いというのが正直なところなんだろう。

私の娘は私立の小学校に通っているが、運動会での服装を見たところ感覚値的に35%くらいはリネンシャツなんじゃないかと思ってしまう。

暑かったら袖をまくるだけでも、それなりにポイントになってしまうし、シワ感を楽しむ着こなしができるから手荒に扱っても問題ない。

トップスのみ、リネンシャツで爽やかにシューズはデッキシューズ・スリッポン・ローファーあたりで合わせてみてくれ。

まとめ

リネンシャツのコーデについて、その特徴も踏まえ紹介した。

夏の風物詩的なアイテムなので、今後その知名度はさらに上がってくるはずだ。麻素材の吸水速乾性の高さは日本のジメジメした夏にピッタリなアイテム。

大人の着こなしを考えたときに、色違いで何枚か持っていたい定番のもの。

毎年着用できることを考えてみたら、何枚か欲しくなってきたでしょ?急にデザインの流行りが変わるわけでもないので、気になってる人は是非夏のメンズコーデに取り入れてみてくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする