マネキン買いはダサいのか?メリット・デメリットを考察する

マネキン買いはダサい?

というよりも、マネキン買いの意味が何なのか分からない人の方が多いかもしれない。

マネキン買いとは、ショップのマネキンが着ているコーディネートそのものを買うことを指す言葉だ。

自分の頭を使うこと無く、ショップスタッフが選ぶそのシーズンの一押しコーディネートをそのまま取り入れることができる。

私はそれ自体がNGだとも思わないし、別にダサいとも思わない。

ただ単純に取り入れることのメリットとデメリットくらいは、正確に理解しておく必要はあると思う。

マネキン買いがダサいと言う前に、正確な前提知識を持っておくことが大事なことだ。

スポンサーリンク

マネキン買いのメリット

『マネキン買いはダサい』と思われてしまう理由って何だろう?

基本的に仲の良い友人があなたと同じお店に買い物に行った時、あなたがマネキンと同じコーデをしていたら内心「こいつマネキンと同じ格好してんな」と思われてしまうかも。

自分でコーディネートを考えることが出来ない、脳無し野郎と判断されてしまうかもしれない。

私はショップスタッフの思考をそのままパクったって良いと思ってる。トレンドが加味された最新で一押しなのは確かだし。

マネキン買いのメリットとデメリットをもう少し考えてみることにした。

メリット1:考えなくて良い

「このトップスにはあれが似合うから、ボトムは黒のデニムが・・・」

こんなことをイチイチ考えるのが嫌いな人も多いと思う。もっと気軽に、手軽におしゃれになりたいのにルールがどうとか面倒くさい。

こんな人にはマネキン買いはおすすめできる。

考えるのって疲れるしね。

お店がおすすめするわけだから間違ったコーデにはならないだろうし、あーだこーだ脳ミソ使いたくない人にとっては最高に効率的な買い物の仕方だと言える。

メリット2:ショップ一押しのコーデ

冒頭からお伝えしているが、マネキン買いはショップ一押しの最新コーデを手に入れることができる。

自分で情報を判断する必要もないし、取り入れるだけ。

特にメンズファッションに興味を持ったばかりの段階の人にとって、これほど心強い買い物の仕方はないんじゃないかな?

お店に入ってあれこれ見回る必要もなければ、組み合わせを考える必要もない。

マネキンを指差して

『このコーディネートください』

このひと言で済むわけだ。

メリット3:時間短縮

3つ目のメリットとすれば『時短』だ。

あなたがやらなければ行けないのは、お店に入ってショップスタッフにこれと同じものを下さいと言うだけ。

後は勘定を済ませて帰ればいい。

大事な会合(合コン?)までに時間がない人にとって、これほど効率的な時間の使い方もないはず。

頭のてっぺんから足元まで、何も考えること無くものの5分で買い物が終了できる。

面倒くさがりで買い物嫌いの男性や、ファッション初心者の男性にはぴったりな買い物の仕方だと言える。

スポンサーリンク

マネキン買いのデメリット

デメリット1:自分の体型に合うか分からない

デメリットとして考えられることとすれば、お店の一押しトレンドコーデがあなたに似合うとは限らないこと。

体型的な問題をクリアしなければ、マネキン買いは成立しない。マネキン買いはダサいと言われる所以として、自分の体型に合っていないからというのは大きなポイントになる。

似合わない服装をトレンドだからと言って安易に着用してしまうことに、周りは大きな違和感を感じてしまうんだろう。

最新のトレンドだろうが、自分の体型に似合わないものを着ることほどダサいものはないと言える。

デメリット2:お金がかかる

トップスからシューズまで揃えるには、それなりに軍資金が必要だ。手元に潤沢な資金をお持ちであれば、私がどうこう言うまでもないが・・・

すべて完璧に気に入っているのであれば、この資金問題だけクリアすれば特に問題はない。

買うお店の単価にもよるが、トータル15,000~20,000円は最低減持ち合わせていたいところ。

この金額は、別章で取り上げているコスパの良い店で買うことが前提となるのは言うまでもない。

デメリット3:着回しが効かない

着回しが効かないことが一番のデメリットかもしれない。マネキンと同様の着こなししかしないのであれば良いんだけど、そういうわけにもいかないだろう。

自分のワードローブにあるアイテムと比較して、着回せるものがあるのであれば特に問題もないんだろうけど。

マネキンと同様のコーデしか出来ないのであれば、逆に非効率な買い物になってしまう。ある程度自分のワードローブのアイテムとの相性を考えて買うことをおすすめする。

まとめ

マネキン買いがダサいとされる理由は、体型と合っていなかったり自分の手持ちのアイテムと合わせることができないことが原因の一つ。

ただ、それ以上に私がダサいと思ってしまうのは、人のエッセンスをパクるという行為に他ならない。これ以上に自分が無い行為もないんじゃないの?

周りの友人の真似をするのも同様だけど、自分のコーディネートを確立するためには、ある程度自分の頭で考える必要がある。

その思考の繰り返しでしかおしゃれになる方法なんて無いのだ。

付け焼き刃が通用するのは、ファッション初心者の初めの段階だけ。あなたにはそうなってほしくはないけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする