サーマルがおすすめな理由|一年中使える便利なトップス

サーマルって便利だよね。

こんなに便利なトップスをコーデに取り入れない理由はないよ。

普通のロンTと比較しても、サーマル一枚だけでもそれなりに在感感をもたらしてくれる。

コーディネートを考えたうえでも、悩んだときはサーマルを合わせておけば間違いない。

サーマルは優秀なトップスとして、これからの季節大活躍するだろう。

いや、きっと通年に渡り便利に使い回せるトップスなのは間違いない。

今日は、サーマルが優秀な理由とともに紹介をさせていただくことにした。

スポンサーリンク

サーマルが優秀すぎて困ってしまう件

まるであなたがサーマルをすでに知ってるという前提で話を進めてしまった。

まずは、サーマル素材について簡単に触れておくことにしよう。

サーマル素材の優位性

サーマルとは「ワッフル生地」とも呼ばれ、親しまれている表面に凹凸がある生地のことを指す。

基本的にロンTに使われるデザインのものが多いが、普通にノースリーブやTシャツのデザインをしたものも存在する。

他のトップスとの違いについては、まさにこの凹凸部に集約されてると言って間違いない。

表面の平らな生地と比較して、何よりも保温性が高いことがサーマルの優位性と言えるだろう。

これは表面を凹凸加工にすることで、肌と生地に空間を作り、そこに空気がたまるイメージ。

体内の温度が上がることで、凹凸部にたまった空気が熱されて暖かくなる。

そして、温まった空気を外に逃がしにくいのがサーマル生地の特徴なんだ。

だから冬場でも普通のロンTと比較して、暖かさを感じることができる。

最近では女子にも人気が高く、夏場にノースリーブを合わせる人もよく見かけた。

夏場の利用は保温性というよりは、生地感の違いでラインナップを増やすことがメインなんだと思ってる。

レイヤードに欠かせないのがサーマル

サーマルの機能性の高さが折り紙付きなのは説明した通り。

ただ、サーマルをコーデに取り入れる本当の理由は、その機能性によるところではないんだよ。

サーマルをコーデに取り入れる理由は、レイヤードがうまくまとまるから。

Tシャツと重ね着するだけで、見た目の印象が変わる。

私は冬でもTシャツが必須のコーデアイテムになるわけだが、それはレイヤードを前提にしているから。

これはTシャツだけではなく、シャツを合わせるときだって同様。

サーマルの上にシャツを合わせて、フロントボタンは全開なんてのが普通に様になってしまうんだ。

単純に素材が凹凸になってるだけなんだけど、それが視覚に与える効果は想像以上のもの。

言うなれば、スウェットに近い存在なのかもしれない。

カラバリが豊富

サーマルはカラバリが豊富なのも、コーデしやすいポイントの一つかもしれない。

ホワイト、ブラック、グレー、ネイビー、ブラウン、カーキ・・・

もちろんブランドによっては、取り扱いがないものもあるのは承知で言ってる。

自分の手持ちトップスとの相性を考えて、色違いで揃えるのも有り。

気軽に普段使いできるのも、市場で受け入れられてる要素なんだろう。

スポンサーリンク

ロンTとセーターの中間地点

10月~12月にかけて寒さが厳しくなると思いきや、ここ最近はそこまで寒くもならない。

基本的に極寒と呼ばれるのは、1月中旬から。

暖冬になるかは、予想できない部分なので最近の冬の傾向として話をしている。

最近は秋が無くなったと言われるほど、暑い時期が長い。

都市部で考えると12月までなら、サーマルにダウンベストで十分過ごせる。

ロンTだとちょっと肌寒いけど、サーマルだったらギリ行けるみたいなノリで着こなすものかな。

生地の厚みによって、多少暖かさに差はあるものの、セーターが苦手な私はサーマルで乗り切るしかないわけだ。

サーマルの有名ブランド

サーマルの有名なブランドとしては、Hanes(ヘインズ)、INDERA MILLS(インデラミルズ)、Chanpion(チャンピオン)等が挙げられる。

でも、私はここらへんのブランドは買わない。

なぜなら着丈が長くて似合わないから。

身幅は問題ないのに着丈が70cmとかあると、ちょっと長すぎるね。私のように背があまり高くない人は避けた方が無難だ。

画像で紹介しているレミレリーフは、サイジングがちょうど良かったこともあり、載せているものの取り立てて感動するほどでもないのでサラッといこう。

まとめ

今日は、一年を通して着ることができるサーマルについて紹介した。

レイヤードの万能性や、季節問わずに着ることができる点は非常に優位なポイント。

普通のロンTを買うのであれば、サーマルを買ったほうが何倍もお得感は高いと思うよ。

ヘインズやインデラミルズ等、おすすめで紹介されているものも多いが、まずは自分の体型に合うかを確認してから買うようにしよう。

ちょっと着丈が長いものは、だらしなく見える傾向が強いため、買う時はサイズ感を間違えないように。

着てみれば、その使い勝手の良さがきっと分かるはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする