スポンサーリンク

チェスターコートのメンズコーデは一番簡単!低身長もOK 

この記事は約 10 分で読めます。

 

チェスターコートのメンズコーデがメンズファッションの中でも、一番簡単な着こなしだと思っている。

 

最近の急激な気温変化で風邪を引いてしまった。今年は極寒の寒さが来そうな予感がするが、例年よりも早い段階でアウターが必要になってきそうだ。

 

冬のアウターの中で、一番使い回しが利くものって何だろう?

ビジネスにもカジュアルにも使えるものは多々あれど、フォーマルも含めて着ることができるものは殆ど無い。

 

唯一あるとすれば、それがチェスターコートになる。

 

何処へ着ていってもおかしい事にはならない万能アウターでありながら、コーデに苦労することもなく合わせることも簡単だ。

 

しかも、低身長な男子でもそれなりに似合ってしまうのがチェスターコートの別の意味での万能性を表している。

 

本日はメンズアウターの中でも、とりわけ着回しに苦労しないチェスターコートを紹介させていただこう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ低身長にも似合うのか?

 

なんで低身長に似合うと言えるの?

おせーて。

 

着丈

 

チェスターコートは着丈がおしりを隠すくらいの長さから、膝上よりちょい上くらいのものが主流になる。

 

低身長な人はロングコートが似合わない。

 

完全にこどもがコートに着られてるような状態になってしまうから。身長が低い人に似合うアウターは、やっぱりショート丈がベストなんだよ。

でも、いくら低身長だからって、ショート丈ばかり着るのはヤダって意見も当然ある。

 

そんな時に有効なのが、ミドル丈のチェスターコートなのだ。お尻が隠れるくらいの着丈感が、低身長な男性が着ても問題なく着こなせてしまう大きな要因。

 

低身長なメンズがチェスターコートを上手にコーデすることを考えたら、着丈が特に重要な事は理解してもらえるだろう。

 

デザイン

 

チェスターコートのデザインは、いたってシンプルなものだ。

 

しっかりした襟ぐりに、厚手のメルトン生地が上品さを感じさせる。

クラシックでフォーマルな雰囲気は、大人のメンズが着こなす服装として最適。是非にも取り入れたいものになるだろう。

 

テーラードジャケットより少し深めなVゾーンは、合わせるインナーを選ばない。

 

シャツだと上品さや清潔感といった印象が強すぎてしまう分、コーディネートとしてはあまり面白くないがシンプルで合わせやすい。

 

メンズがチェスターコートをコーデする際に気を付けることはそれほど多くない。

 

カジュアルなものにも普通に合わせることができるので、少しストリート寄りのスタイルにチェスターコートを軽く羽織るくらいがバランスが取れると思う。

何よりも羽織るだけでそれなりに様になってしまうところは、他のアイテムにはないエレガントさを持っている。

 

シルエットが細身な分、自然なIラインが形成される。低身長なメンズがやってはいけないのがボトムに太いものを合わせること。

 

これをすると、全体のバランスが上手くとれなくなる。最悪は小ささを強調するだけではなく、よっぽどスタイルが良くないと中学性のように見えてしまうから注意が必要。

Iラインを意識して、トップもボトムもスッキリと見せることがスタイルをよく見せる、いや小ささを感じさせない着こなしになる。

 

カラー

 

チェスターコートの色味についてはブラック、ネイビー、グレー、キャメルが基本的な4大カラー。

 

この中でダントツに上品さが際立ってしまうのがキャメル色になる。ベージュよりも少し深みのあるキャメルは、出来る男を無条件で演出してくれる。

 

逆に言えばダークカラーではないので、素材そのものの質感がダイレクトに伝わってしまうことが注意点。

安物だったら間違いなく1ヶ月後に素材の質感はバレてしまうので、予算に応じてある程度選べる色が決まってくることを理解しておいてくれ。

 

低身長さんは、キャメルかライトグレーを薦めたいところ。なぜなら明るい色は上半身に持ってくることが鉄則だから。

 

チェスターコートのメンズコーデの注意点の一つとして覚えておいてくれ。

スポンサーリンク

 

チェスターコートのメンズおしゃれコーデ

 

チェスターコートをコーデする際にメンズが気を付けるべき点について、詳細にお伝えしていければと思う。

 

項目としてはそれほど多くないので、普段のコーディネートに是非取り入れていただきたい。

 

綺麗になりすぎないバランス

 

チェスターコートそれ自体が、もはやフォーマルの代表みたいなもの。

 

スラックスや無地のキレイ目シャツを合わせるのは、むしろやり過ぎ感すら与えてしまう。

コーデとコーデの間にカジュアルなものを取り入れて、うまく差し引きできるようにしよう。

 

具体的にはインナーにパーカーを使いつつも、パンツにはスラックスを合わせる。シャツにスラックスを合わせるのであれば、足元はスニーカーで外しを入れる。

 

カジュアルなものにはドレッシーなものを、ドレッシーなものにはカジュアルなものを足したり引いたりすることで枠にハマりすぎないように調整するのさ。

 

靴にこだわる

 

一つ前で外しにスニーカーのくだりがあったが、低身長な人は似合わない。

 

ごめんなさい、完全な私個人の持論となってしまうが、子供っぽく見えるだけで何も得にならないと思う。

細身のレースアップシューズやスエードのチャッカー、少しカジュアルにデザートブーツあたりが合わせやすいと思う。

 

スニーカーを合わせるのであれば、ナイキやアディダスのメジャースポーツブランドではなく、職人気質の大人っぽいものが良い。

パトリックやコールハーンが違いを出せるものの代表だと思う。

 

オールスターはあまりにもシンプル過ぎるため、もう少しボリュームのあるものを。

足元のバランスを間違えるとチェスターコートのメンズコーデ全てが台無しとなる。

 

コールハーンの代表作である、ルナグランドとゼログランドの比較記事も用意してある。

興味がある方は、合わせてお読みいただけるとコーデイメージが明確になるだろう。

⇒ コールハーンはビジネス・カジュアルどちらにもハマる、大人メンズ必須のスニーカー!

 

ブランドを絞る

 

買いたい物が決まっているのだから、後は自分に似合うサイズ感を展開しているブランドに絞ればいい。

ここ最近のセレクトショップ事情を見ると、安くて元気の良い会社もあるが個人的にオススメしたくないものは取り上げない。

 

私が絞り込む低身長な男性、小柄な男性に合わせやすいお店はSTUDIOUSだ。

具体的なブランド名でいうと『UNITED TOKYO』になるね。

 

日本発信のブランドに特化したり、極端にターゲットを絞り込んだりと、他のセレクトショップとは一線を画す存在。

売上も倍々ゲームで伸びている、最近急成長している企業。

 

原価率も高く、品質も安定していながらデザインもトレンドを踏まえたものになっている。何よりも、他店のSサイズよりも小さめなサイズ感がポイント。

私は着れるものがなかった・・・

 

まとめ

 

チェスターコートの着こなし方が少しは理解できただろうか。

 

小柄な男性にとって、チェスターコートはマストなアイテム。大人メンズなチェスターコートのコーデを完成させるため、持ってない人は今年の選定候補に入れてほしい。

アウターの中でも、ここ数年は主役級の取り上げられ方をしている。この傾向はまだまだ続くだろう。

 

チェスターコートのコーデの仕方がわかれば、メンズ冬の着こなしの悩みが一つ解消する。

大人の男性にとって、これほどプライオリティの高いアウターは他にはない。

 

あなたにとって、最善の一着が見つかることを祈ってるよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップス
クロース大佐をフォローする
~アクティビスタ~自分を変える最も簡単な方法はイメチェン