ドット柄シャツはメンズにも合う?大人がかわいく見える瞬間

『ドット柄のシャツってメンズでも似合うんでしょうか?』

パードゥン?

当然ながらドット柄のシャツをメンズが羽織っても何も問題ない。むしろ、ドット柄のシャツを着てるおじさんなんてかわいくて仕方がない。

そっちの趣味があるわけではないが、ドット柄とはおじさんのためにあるものと言い切ろう。

なぜなら、あの水玉のかわいさこそが、おじさんの外観を中和させてくれるファクターだから。

ドット柄シャツこそ、大人メンズの貴重なモテ服の切り札であることをここで証明しよう。

スポンサーリンク

ドット柄シャツはかわいさ抜群!大人コーデの必須品

ドット柄シャツのかわいさは、ドット柄の大きさで見え方が変わってくる。シンプルな中でも、ファニーな雰囲気が出せるのは何故なのか?

ドット柄シャツと水玉シャツは同じ

ドット柄も水玉柄も大した違いはないというか、まったく同じものを違う名前で呼んでるだけ。

ここの呼び名で悩む暇があるんだったら、とっとと一枚手に入れることに時間を使おう。

見た目そのまま、一定間隔で白いドットが配置されており、このドットの大きさが大きいほどかわいく、小さいほどシャープに見える効果がある。

ドット柄でも水玉柄でも呼び名が違うだけで、実態は一緒のもの。

なぜドット柄シャツはダサい?

ドット柄シャツがなぜかわいいのか?

理由を考えて見た時に、その使われ方にヒントが隠されていることが分かった。

そもそも、ドット柄の使われ方というのは部分的なもの、そう一面全てをドット柄にするというよりは、部分的に使われるものが多かった。

ジャケットの裏地や、パンツをロールアップしたときなど。その部分的な使われ方は比較的価格の安い服に反映されてることが多く、いつしか安っぽさの象徴となってしまったような気がする。

ネクタイでドット柄は許されるものの、それがメンズの限界であるような位置にまで押しやられてしまった。

似合う人が限られる

ドット柄のシャツをコーデに取り入れたい。でも、自分には似合わないかもしれない。

毎回お店で買う手前までいくんだけど、最後の踏ん切りが付かないあなたは、ドット柄シャツを永遠に買うことはないだろう。

・どうしても女性的なイメージを感じてしまう。

・中性的な顔立ちじゃないと似合わない気がする。

そんな事が脳裏に焼き付いてしまってるのだろうか?どちらも的を得た意見であり、決して間違ってはいないと思う。

でも、そう思うアイテムに限って合わせてみると、意外に似合ってしまうことの方が多い気がする。

中性的な顔立ちの方が似合うかもしれないが、ヒゲの生えた少しゴツメのオヤジこそ私は取り入れてほしいアイテムだと思っている。

そもそも、女性的に映ってしまうというのは個人的な解釈が広がっただけ、まったく気にする必要がないと感じる。

ドットの大きさとシャツカラーのバランス

ダークカラーのシャツを選ぶのが一番大人のメンズに似合う色、濃紺か黒をチョイスすれば間違いない。

ドット柄の大きさについては、小さめを選びに行く人が多くなると予測されるが、大きめのものをコーデに持ってきて欲しい。

地色が濃い色でまとめれば、ある程度シックな雰囲気にまとめることができる。

ドット柄シャツだけで着ることに不安があるのであれば、無地のニットタイなどで、もう少しカッチリ感を演出してバランスを取る。

ある程度大きいドット柄を選ぶことが、柔らかいイメージを持たせる効果につながる。

スポンサーリンク

ドット柄シャツが映えるコーデ

ここからはドット柄シャツをコーデする際に、一番引き立たせてくれるアイテムが何なのかを考えてみた。

ホワイトデニム

ホワイトデニムはドット柄シャツのかわいさに、大人の爽やかさを足したコーディネート。

夏場に限定することなく、黒のブーツを合わせて全体的に男っぽさを出してほしい。

シャツが甘めの印象を与えてしまうので、シューズに黒ブーツを合わせてコーデを締める。

冬の着こなしにホワイトデニムは一般的になってきてるため、トップスに意外なドット柄シャツを合わせるのは面白いチョイスだと思うけど。

リジットデニム

艶っとしたドット柄シャツに、リジットデニムの組み合わせも好きなコーディネートの一つ。

全体的にシャープにまとめるのが好きなので、足元にはスニーカーよりもブーツを合わせることをおすすめする。

リジットデニムについては別章でAPCをおすすめしているが、基本的にリジットであれば他のブランドでも問題ない。

グレーデニム

どうしてもデニムが好きなので、紹介するパンツがデニムに偏ってしまった・・・

グレーデニムでコーディネートする場合には、カジュアルにまとめてVANSなんかと合わせるのが好きな着こなし。

VANSも普通にベージュやブラックのようなスタンダードな色ではなく、ちょっと攻めた色として、赤とか発色の良い色を合わせることを考えてみるのも面白い。

チノパン

ベージュとネイビーのチノパンを別途紹介しているが、ドット柄シャツはチノパンと合わせてコーデするのも良いと思う。

グレーデニムのように、ベージュチノパンの足元には赤スニーカーを合わせて外してみる。意外に赤スニーカーは使えるので、一度検討してみてほしい。

ネイビーのものは普通に上下できれいに着こなせるはず。

ショートパンツ

ショートパンツは白や紺で爽やかに。

ドット柄シャツは、袖をまくってこなれた雰囲気にまとめよう。

そもそもトップスがかわいい雰囲気のものだけに、ボトムのショートパンツとの相性は抜群によい。少年ぽさは残しつつ足元には、スリッポンで軽快にまとめよう。

シャツだけど堅苦しさは一切なく、シンプルだけど存在感も残すことができるコーディネートが完成するはずだ。

まとめ

ドット柄シャツのメンズコーデについて私見も混じえて話をさせていただいた。

ドットのかわいさを残しつつ、きれいにまとめることができれば特に狙わずとも、女性受け入れられるものになるだろう。

注意したいポイントとすれば、シャツの地色を白などの薄いものにしないこと。

のっぺりした印象に偏ってしまうケースの方が多いし、着る人を選んでしまう。それこそ、女性っぽい中性的な顔立ちの人でないとコーデに違和感が出てしまうのだ。

ネイビーやブラックに白のドット柄というのが鉄板だと理解してほしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする