メンズはパンツがコーデの肝|ファッションは下半身で決まる

ボトムス

KUROジーンズが最強な理由|大人はグラファイトで決まり

KUROジーンズが最強だと思ってる。過去に購入した中で、これほどデニムのすべての要素で完璧なアイテムは存在しない。スタイリッシュに履きこなしたい大人のメンズにピッタリの一本だ。KUROジーンズ最強説を裏付けるべく、手元にあるグラファイトを元に話をさせていただこう。
ボトムス

日本のデニムブランド『レッドカード』を履いてみた感想は?

日本が誇るデニムブランドの一つが、本澤裕治がディレクションするレッドカード。私も過去2着のRED CARDデニムを購入している。今回は、純粋にそのプロダクトに対する私の感想を伝えるのみ。日本のデニムブランドの中でもとりわけ評価が高いが、実際にどうなのだろう?
ボトムス

インコテックスのチノは本当におすすめ?ユニクロと比較する

インコテックスのチノは、『神パンツ』と呼ばれて久しい大人向けの高級ボトムだ。イタリアらしいタイトなシルエットと細部の細かい配慮が人気の理由だと思うが、素人から見たら価格差を埋めるほどでもない。インコテックスのチノをユニクロと比較して、履き心地をお伝えする。
ボトムス

カーゴパンツのメンズブランド|おすすめは細めのマージン!

カーゴパンツのメンズでおすすめのブランドを上げるとすれば、マージンを一番に取り上げたい。ドメブラとしてかれこれ10年以上も活動を続けている。シルエットがキレイで価格もそれほど高くない。カーゴパンツのメンズブランドはマージンを一番に押したいので紹介する。
ボトムス

KURO(クロ)デニムを評価|色落ちとサイズ感をレビュー

KURO(クロ)デニムの評価をしてみた。私はこのジーンズに巡り合ってからというもの、かれこれ7年位はAPCと並びほとんどがこれ。ワードローブの定番であり、サッカーで言えば不動の10番的な存在なのだ。KUROデニムの評価ポイントとして色落ちやサイズ感を中心にレビューする。
ボトムス

ダメージデニムの裾上げ時の注意点|加工を活かすか切るか?

ダメージデニムで肝になるのが裾上げするかだ。相当な脚長さんであれば何も問題ない部分だが、短足さんには一番悩むポイントの一つ。ジャストな丈に切るか、それとも加工をそのまま残すか。ダメージデニムの裾上げ時に起こる悩みに対して、私のデニムを元にメリット・デメリットを解説する。
ボトムス

デニムを色落ちさせる方法|エイジングで自分好みの一本に!

デニムを色落ちさせる方法は数あれど、自分好みの一本にまで育て上げるにはそれなりの工程を踏む必要がある。適当に選択肢て干しての繰り返しでは、思ったような完成形にはならないのだ。デニムの色落ちさせる方法の中でも、特に効果があるものに厳選してお届けしよう。
ボトムス

リジットデニムのおすすめは?クオリティ最高クラスのAPC

リジットデニムで文句なしにおすすめできるのはAPC。フランスを代表するブランドであり、日本のストリートカルチャーの中でも群を抜いて人気がある。なぜならエイジングが他ブランドよりも圧倒的に美しいから。リジットデニムがおすすめな理由をお伝えしよう。
ボトムス

ジーンズサイズの選び方【メンズ編】|着こなしのコツは何?

ジーンズサイズの選び方は、かなり奥深いもの。特にデニムは永遠不変のファッションアイテム。いつの時代にも大人メンズのコーデに無くてはならない定番のもの。ジーンズサイズの選び方として、着こなしのコツになるポイントを取り上げる。
ボトムス

チノパンのメンズ着こなし|大人の男は紺とベージュがマスト

チノパンのメンズ着こなしについて考えてみた。アメカジの中でも、デニムに次ぐ主力アイテムになるパンツ。ただ、大人が着こなすことを考えるのであれば、まず紺とベージュの2色を揃えておくべき。チノパンのメンズ着こなしの定番をお伝えする。