スポンサーリンク

服を買いすぎる心理について|満たされない欲求は何が原因?

服を買いすぎるひとには、どのような心理状態が働いているんだろうか?

私も20代前半~30代くらいまでは、買い物依存症と言ってもおかしくない状態にまでなったことがある。

結婚するまでは、ひたすら散財を繰り返していたのでほとんど貯金がなかった。

給料日に銀行口座に入金されたのも束の間で、あっという間にクレジットカードの支払いで残金は減っていく。

キャッシュフローは完全に破綻しているにも関わらず、また次の買い物をしてしまうのだ。

セレクトショップ依存症?そんな言葉があるのか分からないが、洋服依存症という状態だったことは確かだと認識している。

なぜ洋服依存になってしまうのか・・・?

ちょっと表現が違うかもしれない。服を買いすぎる心理について自分の経験を踏まえ振り返ってみた。

スポンサーリンク

服を買いすぎる心理とは?

何着買っても満たされない。この枯渇感はどこから来るものなのだろう?

一度冷静になった方が良いのに、頭の中は服のことばかり考えてしまう。

ワードローブには十分に着回せる量は揃っている。服を買いすぎる理由が自分でも分からなくなってきた?

20代中盤あたりからこの傾向は拍車がかかり、32歳で結婚するまで続いた気がする。具体的には、何が原因だったんだろう?

使えるお金が増えた

社会人になって、学生時代よりも使える資金が増えたことが一番大きなトリガーだったように思える。

よくよく考えれば学生時代からバイト漬けだったため、それほど資金に困ることはなかったが、それ以上に使えるお金が増えたことが大きい。

クレジットカードを手に入れ、給料日が来る頃には次の支払いの請求明細がやってくる。

このサイクルは7・8年続くことになる。

月に洋服に投資する金額は多いときで20万ほどになり、完全に『服買いすぎ』状態に陥っていた。

クレジットカードという魔法

服を買いすぎることを思い返してみた時に、クレジットカードを所有した時期と同じことに気付く。

使えるお金が増えたことと同時に、ノーキャッシュで物が買えるようになったことが重なったことが大きい。

完全にクレジットカードの奴隷となり、ちょっと立ち寄った店でも服を買ってしまう。

クレジットカードは『買う』というハードルを物凄く下げてくれる魔法のカードなんだよ。

大概支払いは購入月の翌月以降なので、今現在の懐具合を気にしなくて良い。

ここでお金の支払に対する価値観が完全に変わってしまった。

購入時に全額支払わなければいけない → 支払月までに間に合わせれば良い

という思考回路に切り替わってしまったのだ。

ちょっと気になったものがあると、来月以降に発生する残額の支払金額をまず確認する。それから購入予定の洋服を、何回で分割して買うかを計算するわけだ。

なぜ、そこまでして服を買うのか?

勢いがつく

買い物を続けていくうちに、年に数回は大当たりを引くことがある。

この大当たりというのは、自分のお気に入りの中でも特に思い入れの強いものが手に入った時を言う。

そんな時はいつも以上に、そのアイテムにぴったりなコーディネートを考え、既存のワードローブとは別に新規に合わせるものを買い足す傾向があった。

この大当たりが起きたときって、大概新しいブランドを知ったときやスタイルの方向性が変わった時に顕著に現れた。

買い物は、一着手に入れること自体がトリガーとなって眠っていた欲求を目覚めさせるのかもしれない。

勢いが付いてしまうと確実に勢いに任せてパワープレーに走ってしまうことが多かった。

資金は学生時代よりも潤沢なため、口座残高を確認するまでもなくカードを切る。

人間の勢いとは、時にブレーキが壊れたダンプカー並の破壊力を持っているのだ。

買い物の習慣化

買い物自体が習慣化してしまっていることも大きな原因の一つだ。服が好きすぎて、好きすぎて一日中そのことばかり考えてしまう。

服を買いすぎる心理として、新しいものを手に入れても、常に次のことを考えてしまう。

服を買いすぎる負のスパイラルに完全にハマってしまうわけだ。

ここまでになると、買っても買っても満たされることはなく、もはや服を買うこと自体に意味を見出している状態。

買い物自体が、趣味と呼べるところまで到達してしまっている。

お店側から見た私は、ただのドル箱みたいなものだ。ただの現金が歩いて来たみたいな感覚だったのかもしれない。

優越感

店内をかもがネギを背負って歩いている。

そんな状態になってしまう要素として、お店に手厚く扱われるという経験が忘れられなくなるのかもしれない。

欲しいものは取り置きしてくれるし、着るもの着るものをとりあえず褒めてくれる。

ショップの店員と仲良くなればなるほど、意味もなく何か買って帰ろうという気持ちが働いていた。

いくら洋服を買ったところで、かわいい店員さんとデートできるわけでもなく、無意味な優越感と莫大な支払い残額が残るだけ。

人って他人に良く見られたい生き物なのよね・・・

スポンサーリンク

満たされない欲求を冷静に見極める

服を買いすぎることは欲求を満たしているようで、実は満たされない状況に拍車をかけるだけ。

このことに気付けるかが鍵になるわけだ。

立て続けに服を買い続けることによって、『また似たようなものを買ってしまった・・・』という後悔の念に苛まれる状況が増える。

止めたいけどやめられない。どこかで終止符を打たないと、この負のスパイラルから抜け出すのは難しい。

服を買いすぎる状況が、何に起因しているのかを冷静に見極める時間を持つことから始めよう。

自分に厳しい

私は『サイズ感命!』なところがあり、ほんの僅かな誤差が気に入らず、より自分に似合うものを探し続けていた事に気づいた。

気に入らないものは、そのままクローゼットの奥に眠り、また新たな服を購入する。

服を買いすぎる心理として、わずかな違いにこだわり過ぎていた。

既製服で自分が満足するレベルのものは限られる。特にパンツ類については買っても買っても満足できるものが見つからない傾向があった。

これは自分の体型を受け入れない限り、いつまで経っても解消しない問題だ。自分のスタイルを知り、そして自分の限界を知ることだ。

どうあがこうが、180センチのモデルのように着こなすことは出来ないし、脚がいきなり5センチ伸びるなんてことも起こらない。

自分の限界を知り、その中で最高に似合うものを知ることが重要だ。

過剰なストレス

服を買いすぎるというのは、単純に対象が『洋服』なだけであって、パチンコでも競馬でも同じようなもの。

一瞬の高揚感を得るためだけに、お金を使っていないかを冷静に振り返ろう。

おそらくあなたは、仕事で過度なストレスを抱えてしまっているのかもしれない。

だから、土日になると意味もなくショッピングに出掛け、必要のない洋服を買い、満たされない心を埋めているだけ。

私は本当に仕事に行くのが嫌で、洋服に限らずお金を使いまくった。満たされない心は買い物をすることで、一瞬だけ満たされた気持ちになる。

モノとして自分の手元に残るからギャンブルよりもマシという発想。

でも、この状況は逃げだと気付いたときに、考え方が変わった。

ストレスを解消するのに最も効果的なのは、運動することだ。そんなことはお前に言われなくても分かってる。

そんな言葉が聞こえてきそうだが、習慣化してしまった『服を買いすぎる』という行為から別のものに目を向けなければいけない。

人間はひょんなキッカケから自分を取り戻せる瞬間に出会うことが稀にある。

そのキッカケ探しの一つが体を動かすことなんだな。

自分を良く見せたいという欲求

服を買いすぎるということは、毎日違う服を着たいという気持ちから来ていると思ってる。

何で毎日違う服を着たいのかと言えば、まわりからオシャレだと思われたいから。

好きな女の子ができれば、当然自分にベクトルを向けてほしいし、その気持ちが強くなればなるほどおしゃれになろうと拍車がかかる。

ここで気付かなければいけないことは、相手があなたに興味を持っていれば変化に気付くかもしれないが、そうでなければまったく意味がない。

興味のない人間に注意を向けるほど暇な奴はいないから。

ここが行き過ぎると、おしゃれ過ぎる状態に突入し完全に自分の狭い世界に入り込んでしまう。ごく僅かな女性を除き、そこまで服装にとやかく言う人は少ない。

それに気付いてからは、服買いすぎの状態から抜け出し、私は良いサイクルに入ったような気がした。

まわりの影響を受ける

自分発信であればまだ救われる部分もあるかもしれない。周りがおしゃれに気を遣うようになってから、それに乗り遅れないように自分もファッションの道に入る。

はじめは誰だってだれかの影響を受けるもの。

それが競争心に繋がると単純に疲れてしまうだけだ。服を買いまくり、センスを磨いても埋められない壁は存在する。

元からセンスの塊のような奴は存在するし、努力でどうにかならない場面も多数出てくる。

そのことを知り、相手と競うのではなく自分が満足することにベクトルを向けるようにしよう。

まとめ

服を買いすぎる心理について昔の経験を振り返りつつ、その原因について分析した。

服に興味を持つ者だったら、誰だっておしゃれじゃないよりは、オシャレだと思われたいのが心理面として絶対にある。

とはいえ、冷静に自分を見つめることができなければ、単純に洋服に振り回されているだけ。浪費して自分も消費してしまう。

あなたは負のスパイラルから抜け出すために、もう一度おしゃれを定義し直す瞬間なのかもしれない。

それか、一度洋服の世界から離れ、冷静に自分を見つめ直すことに時間を費やすことを考えよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする