ダウンはいつから着るのが正解?最適な気温について考える

ダウンはいつから着る?

結構悩ましい問いのひとつ。モンクレールやカナダグースなど、高級ダウンであればそれこそ早く着たいと思うのが心情だろうね。

でも、気温がそれほど下がらない段階でダウンを着るのは、本人が暑いのは言うまでもなく傍から見ても暑苦しい。

ダウンはいつから着るのが正解なのか、その辺を考えてみた。

スポンサーリンク

ダウンはいつから着るのがベストなのか

個人的な意見としては、やはり10℃以下の気温になってから着るのがベストだと思う。

各々の環境によって、話は変わってくるかもしれないが私は10℃を基準にダウンジャケットを着るか判断している。

最低気温10℃以下の月

直近40年の間に、最低気温10℃以下に突入した時期を調べてみた。

この40年間は、ほぼ変わらずに10月中下旬から11月頭にかけて、最低気温10℃以下になってる模様。

なので、朝晩だけの通勤時に使用するだけであれば10月末から使えるということが言える。

ダウンをいつから着るのか、気温と時間で判断すると着られる時期が長くなる。

ダウンジャケット好きのおしゃれさんは、10月下旬を目処に考えてみても良いのかもしれない。

ただ、時間帯で朝晩と区切っているため、まだ一日中着られる気温でないことは頭の片隅に入れておいてくれ。

一日の平均気温が10℃以下の月

気象庁の統計データから、ダウンをいつから着たら良いのか見てみよう。

この10年の統計を見ても、一日の平均気温が10℃以下になるのは12月からだ。

12月から2月にかけてがダウンを着る最適なシーズンとなり、3月は日によって着る着ないを判断する。

ダウンをいつから着る?

この問に対する回答は12月から本格的に取り入れて、3月には別のアウターに切り替える。

そう考えると、年に3ヶ月しか活用できないアイテムに10万以上出費するのは、いかがなもんか?

コスパを考えたときに、高級ダウンを買うを検討するのであれば、費用対効果をきちんと見定める必要がある。

3ヶ月着るものに10万以上かけるのもねー・・・

スポンサーリンク

中途半端な季節こそダウンベスト

ダウンをいつから着るのがベストなのか?

朝晩10℃以下の日、一日中着ることを考えたら12月以降という話をさせていただいた。

11月とか3月が何だか中途半端に感じてしまうのは、私だけではないだろう。

そんなときに活用できるのがダウンベストということになる。

ダウンベストはニットに合わせても、シャツの上に羽織っても様になり、且つ保温効果も高いアイテム。

暑がりな人間にとっては、意外にオールシーズン使えることもできるし、選択肢の一つとして考えておくとコーデの幅はより広がりを見せるだろう。

どうしてもダウンを着たい!

ダウンジャケット好きのメンズは、想像以上に多い。

もっともっとダウンを着たい、毎日着ても飽きない!

そんな人には、本格的なモコモコ感のある重厚なものではなく、薄手のダウンをおすすめする。

ノースフェイスや他のアウトドアブランドが出している、薄手タイプのもの。

もしくはデュペティガからも、ブルゾンタイプの軽めのものがラインナップされている。

この辺を取り入れることで、冬場は若干寒いかもしれないが着られるシーズンはかなり長くなるだろう。

選択肢の一つとして、考えてみてはいかがだろうか?

まとめ

ダウンはいつから着るのがベストなのか。

結論は平均気温が10℃以下のときに、取り入れるのがベストということになる。

ダウンジャケットは存在感がある分、シーズンでもない時期に取り入れると周りからの視線を痛いほど感じてしまうアイテムだ。

暑苦しさが半端ないし、着てる人の人格自体疑われかねない。

ファッションとは、周りからどう見られるかという部分に対しても、ある程度配慮する必要がある。

それが大人のコーディネートというものだ。

これからシーズンを迎え、街にはダウンを着たメンズが増えてくるだろう。

着る時期を間違えず、心地よいダウンライフを満喫してほしい。

そのためには最適な時期に取り入れること。ここを外してはいけないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする